ホアキン・ロドリゲスら19人キャニオンがリオ五輪出場選手用「ブラジルカラー」のエアロード CF SLXを公開

  • 一覧

 ドイツのバイクブランド「CANYON」(キャニオン)がリオデジャネイロ五輪に出場する自転車競技、トライアスロン競技選手用のカスタムデザインのロードバイクを公開した。「#UnitedDream」と名付けられた「エアロード CF SLX」と「アルティメット CF SLX」の2車種で、ブラジル国旗にインスピレーションを得たカラーリングが施されている。

Canyonライダー、トライアスリート達が使用する#UnitedDreamカスタムデザイン ©Canyon Bicycles /David RobinsonCanyonライダー、トライアスリート達が使用する#UnitedDreamカスタムデザイン ©Canyon Bicycles /David Robinson

 公開された「#UnitedDream」のエアロード CF SLXはフレーム全体がグリーンで、フォークとシートステー、チェーンステーの内側はイエローとアクセントが入り、まさに「ブラジルカラー」にペイントされている。ハンドルには一体型ハンドル&ステム「エアロコックピットCF」が採用されている。

ブラジル国旗にインスピレーションを得た#UnitedDreamカスタムデザイ ン ©Canyon Bicycles/David Robinsonブラジル国旗にインスピレーションを得た#UnitedDreamカスタムデザイン ©Canyon Bicycles/David Robinson
 Aeroad CF SLX #United Dreamは自転車競技、トライアスロン競技で使用される ©Canyon Bicycles /David Robinson Aeroad CF SLX #United Dreamは自転車競技、トライアスロン競技で使用される ©Canyon Bicycles /David Robinson
グリーンとブラックのコントラストが美しいカラーリングの#UnitedDreamカスタムデザイン ©Canyon Bicycles /David Robinsonグリーンとブラックのコントラストが美しいカラーリングの#UnitedDreamカスタムデザイン ©Canyon Bicycles /David Robinson
#UnitedDreamカスタムデザインはフロントフォーク内側もブラジル国旗を連想させるイエロー ©Canyon Bicycles/David Robinson#UnitedDreamカスタムデザインはフロントフォーク内側もブラジル国旗を連想させるイエロー ©Canyon Bicycles/David Robinson

アルティメット CF SLXも

 キャニオンのライダーは自転車競技、トライアスロンの2種目に合計19人が参加。出場国は、おひざ元のドイツをはじめ10か国に渡るが、一番多いのはスペインの5人。自転車ファンにはおなじみ、ホアキン・ロドリゲス(チーム カチューシャ)、アレハンドロ・バルベルデ、ヨン・イサギレ(ともにモビスター チーム)がグリーンのマシーンに乗る予定だ。

 #UnitedDreamには「国籍は違ってもキャニオンのライダー、トライアスリート達は皆同じ、金メダルという一つの夢を共有している」という意味が込められている。リオデジャネイロ五輪では、日本選手だけでなく、グリーンのフレームに注目してみるのも面白いかもしれない。

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載