新製品情報ラピエールの2017年モデルが発表 ディスクブレーキのゼリウスが登場、女性向けも拡充

  • 一覧

 フランスの自転車ブランド「LAPIERRE」(ラピエール)の2017年モデルが発表された。ハイエンドロードのXELIUS(ゼリウス)にディスクブレーキモデルが登場、また各レンジに女性向けのコンパクトサイズが登場した。継続モデルを含め全体に、昨シーズンより手に入れやすい価格設定となっている。

ディスクブレーキを標準装備した「XELIUS SL 600 DISC FDJ MCP」がFDJカラーで新登場 Photo: Ikki YONEYAMAディスクブレーキを標準装備した「XELIUS SL 600 DISC FDJ MCP」がFDJカラーで新登場 Photo: Ikki YONEYAMA

ニューFDJカラーで登場

フレームセットの「XELIUS SL Ultimate」のブラック/グレー。リムブレーキ仕様はフロントがダイレクトマウント、リアがキャリパーブレーキを装備する Photo: Ikki YONEYAMAフレームセットの「XELIUS SL Ultimate」のブラック/グレー。リムブレーキ仕様はフロントがダイレクトマウント、リアがキャリパーブレーキを装備する Photo: Ikki YONEYAMA

 フランスのUCIワールドチーム「FDJ」(エフデジ)にバイクを供給するラピエールは、例年FDJカラーをラインナップしている。今年のFDJカラーは中心より後ろ部分に大きく赤と青の面積がとられ、鮮やかなフランストリコロールカラーになっている。またFDJ所属のトップ選手、ティボー・ピノーのスペシャルカラーが、「XELIUS SL Ultimate」フレームセットにラインナップされる。

 ラピエールでは本邦初となるディスクブレーキロード、「XELIUS SL 600 DISC FDJ MCP」はFDJカラーで登場。フラットマウントに対応し、シマノ・アルテグラコンポと油圧ディスクブレーキを装備する。12mmX142mm&100mmのスルーアクスルを採用している。

小柄な女性に対応する「XELIUS SL 500 W MCP」 Photo: Ikki YONEYAMA小柄な女性に対応する「XELIUS SL 500 W MCP」 Photo: Ikki YONEYAMA

 またゼリウスには、今回初めてレディース用のモデル「XELIUS SL 500 W MCP」が登場した。43サイズオンリーで、これまでカバーできなかった小柄な日本人女性に対応するモデルだ。サドルなどアッセンブルされるパーツや、カラーリングも女性ライダーを意識したものになっている。

 エアロ系ロードの「AIRCODE」(エアコード)やエンデュランスロードの「PULSIUM」(パルシウム)は継続となるが、カラーリングが一新され、価格も大きく値下げされた。それぞれに少しずつ塗り分けを変えたFDJカラーが用意されている。

エアロコンペティティブロード「AIRCODE SL 600 FDJ MCP」 Photo: Ikki YONEYAMAエアロコンペティティブロード「AIRCODE SL 600 FDJ MCP」 Photo: Ikki YONEYAMA
フレームにダンパーを装備したエンデュランスロード「PULSIUM 600 FDJ MCP」 Photo: Ikki YONEYAMAフレームにダンパーを装備したエンデュランスロード「PULSIUM 600 FDJ MCP」 Photo: Ikki YONEYAMA
シマノ・アルテグラ完成車の「XELIUS SL 600 FDJ MCP」 Photo: Ikki YONEYAMAシマノ・アルテグラ完成車の「XELIUS SL 600 FDJ MCP」 Photo: Ikki YONEYAMA

■XELIUS SL Ultimate(フレームセット)
税抜価格:359,000円
■XELIUS SL 600 FDJ MCP(アルテグラ)
税抜価格:455,000円
■XELIUS SL 600 DISC FDJ MCP(アルテグラ)
税抜価格:499,000円
■XELIUS SL 500 W MCP(アルテグラ&105)
税抜価格:375,000円
■AIRCODE SL 600 FDJ MCP(アルテグラ)
税抜価格:465,000円
■PULSIUM 600 FDJ MCP(アルテグラ)
税抜価格:425,000円

「センシウム」がフルモデルチェンジ

新型フレームになったセンシウム。各種完成車がラインナップされる Photo: Ikki YONEYAMA新型フレームになったセンシウム。各種完成車がラインナップされる Photo: Ikki YONEYAMA

 ミッドレンジのカーボンロード、センシウムはフレームが刷新された。高い基本性能により快適なライドを楽しめるモデルだが、ジオメトリーが変更されてよりエンデュランス向けになった。フレームはトップチューブ、シートステーがよりカーブを描き、振動吸収を意識したものになっている。

 センシウムでは初めてとなるFDJカラーが、シマノ・ティアグラ完成車の「SENSIUM 300 FDJ CP」としてラインナップされる。またゼリウスと同様、女性向けの「SENSIUM 500 W CP」が44サイズオンリーで用意されている。

 コストパフォーマンスに優れるアルミフレームの「AUDACIO」(アウダシオ)シリーズは、シマノ・105を搭載した「AUDACIO 500 CP」から、シマノ・クラリス搭載の「AUDACIO 100 CP」まで、いずれも10万円台でのラインナップ。アウダシオ300と100には、女性向け「W」モデルも用意されている。

シマノ・105を装備した「AUDACIO 500 CP」 Photo: Ikki YONEYAMAシマノ・105を装備した「AUDACIO 500 CP」 Photo: Ikki YONEYAMA
シマノ・クラリス装備の「AUDACIO 100 CP」は税抜き11万円台の完成車価格 Photo: Ikki YONEYAMAシマノ・クラリス装備の「AUDACIO 100 CP」は税抜き11万円台の完成車価格 Photo: Ikki YONEYAMA

■SENSIUM 500 W CP(105)
税抜価格:279,000円
■SENSIUM 300 FDJ CP(ティアグラ)
税抜価格:239,000円
■AUDACIO 500 CP(105)
税抜価格:185,000円
■AUDACIO 300 W CP(ティアグラ)
税抜価格:165,000円
■AUDACIO 100 CP(クラリス)
税抜価格:119,000円
■AUDACIO 100 W CP(クラリス)
税抜価格:119,000円

保険付きユーザーキャンペーンを継続

 ラピエールを国内展開する東商会では、同社が取り扱うスポーツバイクブランドである、ラピエール、サーヴェロ、マジィの完成車の購入者向けに、1年間の交通傷害保険を無料提供するキャンペーンを継続展開している。個人賠償責任補償は2億円、交通事故による死亡・後遺障害補償は300万円の設定で、高額賠償や示談交渉サービスにも対応する。

この記事のタグ

30~50万円のロードバイク

30~50万円 ラピエール ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載