title banner

応援メッセージや写真も募集中1型糖尿病選手のプロチーム「チーム ノボ ノルディスク」 今年もジャパンカップに参戦

  • 一覧

 選手全員が1型糖尿病患者という「チーム ノボ ノルディスク」が10月23日に宇都宮で開催される「2016 ジャパンカップサイクルロードレース」に3年連続で出場することが決まった。この連動企画として、糖尿病患者の笑顔を広げる写真とメッセージを募集し、当日のレース会場などで展示する「Smile with diabetes~糖尿病と笑顔になろう!~」キャンペーンを実施する。

「Smile with diabetes~糖尿病と笑顔になろう!~」キャンペーン ©novo nordisk「Smile with diabetes~糖尿病と笑顔になろう!~」キャンペーン ©novo nordisk

レースを通じて糖尿病患者を笑顔に

ジャパンカップクリテリウムの前にパレードランをするチーム ノボノルディスクの選手たち=2015年10月17日、宇都宮市 Photo: Yuzuru SUNADA / Japan Cup Utsunomiyaジャパンカップクリテリウムの前にパレードランをするチーム ノボノルディスクの選手たち=2015年10月17日、宇都宮市 Photo: Yuzuru SUNADA / Japan Cup Utsunomiya

 「チーム ノボ ノルディスク」は、所属する100人以上のアスリート全員が1型糖尿病患者というチーム。トライアスリート、マラソンランナー、そして国際自転車競技連合(UCI)のプロフェッショナルコンチネンタルチームとして競技に参戦する、世界初の糖尿病患者のみのプロサイクリングチームなどによって構成される。

 ジャパンカップへは2014年から出場。「Changing Diabetes」(糖尿病を克服する)というミッションを掲げ、適性な血糖コントロールを行うことでスポーツ選手としても活躍できる姿をレースで示したり、レース後にファンと交流する場を設けることで同疾患を発症した人々に勇気を与えている。

マッタイン・フェルスコール選手(左)、ハビエル・メヒアス選手(右)と記念撮影する大原慎人くん(中央)、2016 ジャパンカップサイクルロードレース Photo: Kyoko GOTOマッタイン・フェルスコール選手(左)、ハビエル・メヒアス選手(右)と記念撮影する大原慎人くん(中央)、2016 ジャパンカップサイクルロードレース Photo: Kyoko GOTO

 キャンペーンの応募資格は、糖尿病患者とその家族、あるいはチーム ノボ ノルディスクのファンなど応募規約の同意者であること。患者自身や家族が笑顔でいるための抱負や、チーム ノボ ノルディスクへの応援メッセージなどを書いて写真とともに投稿すれば、ジャパンカップレース会場の展示ブースや、11月14日の「世界糖尿病デー」などで展示利用される。

 文字数は100文字以内、推奨写真サイズは2MB以上。投稿は「糖尿病サイト」のほか、「Twitter」や「Instagram」にハッシュタグ「#Smile WD」を付けて投稿することもできる。応募締切は9月14日(水)まで。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2016 ジャパンカップ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載