UCIがアームストロングの処分を承認 7連覇剥奪、永久追放が確定

  • 一覧
22日、スイスのジュネーブで、アームストロング氏への処分に関する会見に臨む国際自転車競技連合のマクウェイド会長(AP)22日、スイスのジュネーブで、アームストロング氏への処分に関する会見に臨む国際自転車競技連合のマクウェイド会長(AP)

 国際自転車競技連合(UCI)のマクウェイド会長は22日、スイスのジュネーブで記者会見し、極めて悪質なドーピング違反があったとして米国反ドーピング機関(USADA)がランス・アームストロング(米国)に下した1999~2005年のツール・ド・フランス7連覇のタイトル剥奪と永久追放の処分を承認したと発表した。

 マクウェイド会長は「自転車界にアームストロングの居場所はない」と明言。がんを克服し、かつては広く尊敬を集めた41歳の元スター選手への処分が確定した。ツール・ド・フランスの責任者は同日、7連覇の期間の優勝者を不在とする考えをあらためて示した。

 USADAは8月に処分を発表し、今月10日には当時のチームメート11人の証言を含む膨大な報告書を公表した。「最も巧妙かつ専門的で成功したドーピング計画だった」と強く非難した。アームストロングは違反を認めていない。(共同)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ドーピング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載