新製品情報キャノンデールのスーパーシックス エヴォに「スタンダードモッド」登場 ティアグラ、105完成車も

  • 一覧

 キャノンデールは、フラッグシップのカーボンロードバイク「SUPERSIX EVO Hi-MOD」(スーパーシックス エヴォ ハイモッド)シリーズに、スタンダードモジュールカーボンを使用した「スタンダードモッドフレーム」を採用した、「SUPERSIX EVO」(スーパーシックス エヴォ)シリーズを追加した。コストパフォーマンスに優れたシマノ105とティアグラを装備した完成車が加わり、7月から全国の正規販売代理店で販売を開始した。

シマノ・ティアグラを採用したSUPERSIX EVO CARBON  TIAGRA ©Cannondale Japanシマノ・ティアグラを採用したSUPERSIX EVO CARBON TIAGRA ©Cannondale Japan

ハイモッドと同レベルの剛性

 7月14日の新製品発表で明らかになったスタンダードモッドのフレーム重量は980g(56サイズ)。ハイモッドの777gに軽さは及ばないが、どちらも固いカーボンと軟らかいカーボンをブレンドさせたバリステックカーボン製法で作られている。スタンダードモッドは、ハイモッドと質の違うカーボンを採用しているが、目指したのはハイモッドと同じ剛性だった。

SUPERSIX EVO CARBON 105 。カラーはAtomosphere Blue w/Jet Black and Acid Red,Gloss  ©Cannondale JapanSUPERSIX EVO CARBON 105 。カラーはAtomosphere Blue w/Jet Black and Acid Red,Gloss ©Cannondale Japan

 ハイモッドよりも、たくさんのカーボンを重ねたため、わずかに重量増になったが、テクニカルサービスマネージャーの秋吉健さんは「ハイモッドもスタンダードモッドもゴールは同じなんです。ドイツの外部ラボで検査してもらっても剛性は、ほとんど一緒でした」と自信を見せた。

 フレームのジオメトリーも、ハイモッドと同じ。ティアグラ採用の完成車は税抜価格で20万円を下回りながら、軽さ、剛性、振動吸収性、エアロダイナミクスなど、レースバイクに必要な要素を兼ね備えている。シマノ105モデルもラインナップ。グレードを落としがちなブレーキもシマノ製品を採用。ビギナーからベテランまでが満足する一台に仕上がっている。Di2にも対応するフレームで将来的なグレードアップが可能だ。

SAVE25.4mmシートポストで振動吸収

SUPERSIX EVO CARBON 105 。カラーはNearly Black w/Jet Black, Matte/Gloss ©Cannondale JapanSUPERSIX EVO CARBON 105 。カラーはNearly Black w/Jet Black,Matte/Gloss ©Cannondale Japan

 ハイモッドと同じく、BB30を採用。ワイドに広げられたフレア形状のデルタシートチューブ、新しいカーボンレイアップが剛性を高め、スプリントでの効率よいパワー伝達を可能にした。

 改良されたSPEED SAVEマイクロサスペンションシステムが路面からの微振動を吸収。ホイールの路面接地時間を長くして、快適な走行に貢献する。SAVE25.4mmシートポストも快適な走行に貢献。一般的に多い27.2mmのシートポストに比べ36%もしなり、シッティング時の快適性を大幅に向上させたという。

 またダウンチューブ、シートチューブ、シートステー、フォークにはTAP(Truncad Aero Profile)と呼ばれるエアロ形状を採用。軽さや高剛性、振動吸収性を維持しながら空気抵抗を軽減させている。

BB付近はBB30とワイドに広がったフレア形状の「デルタシートチューブ」を採用 ※写真はSUPERSIX EVO CARBON ULTEGRA Photo: Kenta SAWANOBB付近はBB30とワイドに広がったフレア形状の「デルタシートチューブ」を採用 ※写真はSUPERSIX EVO CARBON ULTEGRA Photo: Kenta SAWANO
改良されたSPEED SAVEマイクロサスペンションシステムが路面から伝わる振動を吸収 ※写真はSUPERSIX EVO CARBON ULTEGRA Photo: Kenta SAWANO改良されたSPEED SAVEマイクロサスペンションシステムが路面から伝わる振動を吸収 ※写真はSUPERSIX EVO CARBON ULTEGRA Photo: Kenta SAWANO

■SUPERSIX EVO CARBON 105
税抜価格:240,000円(完成車)
サイズ:44、48、50、52、54、56、58cm
カラー:ニアリーブラック/ジェットブラック、マット/グロス
フレーム:New SuperSix EVO、BallisTec Carbon、Di2 Compatible、SPEED SAVE、PressFit BB30
フォーク:New SuperSix EVO、BallisTec Carbon、SPEED SAVE
変速機:シマノ105(F)&(R)
ギヤ:Cannondale Si 52×36T、シマノ・105 11-28T(11s)
ブレーキ:シマノ105
ホイール:マヴィック・アクシウム

SUPERSIX EVO CARBON TIAGRA
税抜価格:199,000円(完成車)
サイズ:44、48、50、52、54、56、58cm
カラー:セルリアンブルー/ヴォルトアンドマグネシウムホワイト
フレーム:New SuperSix EVO、BallisTec Carbon、Di2 Compatible、SPEED SAVE、PressFit BB30
フォーク:New SuperSix EVO、BallisTec Carbon、SPEED SAVE
変速機:シマノ・ティアグラ(F)&(R)
ギヤ:FSA Omega 52×36T、シマノ・ティアグラ 11-28T(10s)
ブレーキ:シマノ・ティアグラ
ホイール:RD2.0

関連記事

この記事のタグ

15~20万円のロードバイク20~30万円のロードバイクキャノンデール(Cannondale)のロードバイク

15~20万円 20~30万円 キャノンデール ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載