さいたま市清水市長もPR2016さいたまクリテリウムを盛り上げる「カウントダウンフォト」大会100日前から開始

  • 一覧

 ツール・ド・フランスの名を冠した自転車競技イベント「J:COM presents 2016 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」の「カウントダウンフォト」が大会開催100日前を迎えた7月21日から始まった。大会はさいたま新都心駅周辺で10月29日に開催され、大会開催前日の10月28日まで、大会公式ホームページやSNS(フェイスブック、ツイッター)で、さいたま市にゆかりのある人物や著名人、自転車選手などが写真で登場する。

カウントダウンフォト」が大会開催100日前をPRした、さいたま市の清水勇人市長 ©Saitama Cityカウントダウンフォト」が大会開催100日前をPRした、さいたま市の清水勇人市長 ©Saitama City

 最初の100日前の7月21日の100日前カウントダウンフォトには昨年に続き、さいたま市の清水勇人市長が登場。ボードに「感動!興奮!熱狂!さいたま! カウントダウンSTART」と書いて盛り上げた。

 今年は一般の参加者を対象とした応援メッセージフォトを募集する撮影イベントを実施。その一部を掲載していくことも予定している。100日間、様々な関係者が登場し、大会開催を広くPRするとともに、イベント開催まで盛り上げていく。

大会100日前PRでチラシを配るさいたま市の清水勇人市長 ©Saitama city大会100日前PRでチラシを配るさいたま市の清水勇人市長 ©Saitama city
大会100日前になりさいたま新都心駅に掲げられた懸垂幕 ©Saitama city大会100日前になりさいたま新都心駅に掲げられた懸垂幕 ©Saitama city

 7月21日には、さいたま新都心駅前で大会PRイベントを実施した。東西自由通路に懸垂幕やバナーを掲げ、さいたま新都心駅を〝さいたまクリテリウムカラー〟の黄色で装飾し、大会をPR。清水勇人市長も参加し、チラシ配布等を実施した。

 清水市長は「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムは、今年で4回目の開催となります。これまでの準備は順調に進んでおり、今年は東京をはじめ様々なところで PR ができています。当日は、会場で本場ツール・ド・フランスに出場している選手の走りを間近で見ていただきたいと思います」と話した。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2016ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載