title banner

【Teamユキヤ通信】ツール・ド・フランス2016 第20ステージ新城幸也は最後の山岳で苦戦も最終ステージへ「リオ五輪へ最高の練習ができた」

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 ツール・ド・フランスに日本人として唯一出場中の新城幸也(ランプレ・メリダ)は7月23日、第20ステージを首位に30分8秒差の114位でゴールし、総合順位は117位につけた。いよいよ最終ステージに向かい、6度目の完走を目指す。

苦戦を強いられながらも、グルペットで超級山岳を超えていく新城: Photo Miwa IIJIMA苦戦を強いられながらも、グルペットで超級山岳を超えていく新城: Photo Miwa IIJIMA

 翌日のパリでの最終日を前に、実質総合優勝や各賞が決まる第20ステージ。時より激しい雨が降る中、厳しい山岳ステージで序盤からハイスピードなレースとなった。

 チームの仕事として、新城が守り続けてきたエースのルイス・マインティスは、この日14位でゴール。総合8位と、目標のトップ10入りを濃厚にした。

 新城はステージ114位、総合117位でゴールした後、次のようにエースを振り返った。
「今日のコンディションが、このコースで逃げに入れる状態ではなかった。昨日までは良く足が動いていたので、今日は最後に逃げを狙いたかったが、最初の2級で大きく遅れてしまい、次の1級で追いついたが、補給所後の1級では残り50kmも残して大集団の中へと下がってしまった」

 「雨と寒さ(ガーミンで9度)でレース後半は苦しんだ。 これで今年のツールが終わってしまったと言うのが正直な感想かな。 最終週はたくさん苦しんだので、オリンピックには最高の練習になったと思う。 明日はシャンゼリゼを楽しみたい」と8月のリオデジャネイロ・オリンピックについて話した。

2年連続でのマイヨジョーヌ獲得が濃厚なクリストファー・フルームは雨の中、微笑みながらのゴールとなった: Photo Miwa IIJIMA2年連続でのマイヨジョーヌ獲得が濃厚なクリストファー・フルームは雨の中、微笑みながらのゴールとなった: Photo Miwa IIJIMA

 総合首位争いは、クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ)がライバルとのタイム差を堅実に守り、2年連続3度目のツール優勝を濃厚とした。空路でバリ近郊に移動し、24日の最終ステージで無事にシャンゼリゼにゴールすれば、新城は6度目のツール・ド・フランス完走を果たすことになる。

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2016 ツール2016・ユキヤ通信 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載