title banner

【Teamユキヤ通信】ツール・ド・フランス2016 第19ステージ「チームは皆調子が良く、雰囲気も良い」新城幸也〝波乱のステージ”166位でゴール

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 ツール・ド・フランスに日本人として唯一出場中の新城幸也(ランプレ・メリダ)は7月22日、第19ステージを166位でゴール。チームのエースが個人総合順位を上げるなど「チームは皆調子が良く、雰囲気も良い」とレースを振り返った。

超級山岳を越え、無事にゴールした新城幸也の後ろ姿。大勢のカメラマンが待ち受ける Photo: Miwa IIJIMA超級山岳を越え、無事にゴールした新城幸也の後ろ姿。大勢のカメラマンが待ち受ける Photo: Miwa IIJIMA

 この日は序盤から逃げを狙う選手らが一気に飛び出し、後続は大きなタイム差を与えさせないため、常に追いかけるようなハイスピードの山岳ステージとなった。

 逃げには新城のチームメイト、ルイ・コスタ(ポルトガル)が入って積極的に攻め続けた。最後の超級山岳に入るとさらにアタックし、独走を試みるが、総合争いをする選手たちに飲み込まれ、逃げは終了した。

 途中、山岳に入ると雨が降ったりやんだりという天候も影響してか、落車が相次いだ。これまでステージ優勝した有力選手がリタイアし、マイヨジョーヌのクリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ)もスリップにより落車する展開に。

 そんな波乱の中、チームのエース、ルイ・メインティス(南アフリカ)は山岳での自力を見せ、ステージ4位でゴール。総合順位を8位に上げた。さらにルイ・コスタは敢闘賞で表彰台に上がり、チームとしては良い結果でステージを終えた。新城はレース後、次のようにコメントした。

 「逃げに乗りたかったが、コスタの最初のアタックで逃げが決まったので、チームとしては理想的な展開だった。後は皆でメインティスの護衛。自分は2級山岳までは調子良く集団で走ったが、下りきった平坦で集団がバラバラになり、そのまま上りに突入して、超級の上りで集団に飲み込まれた」

 「チームは皆調子が良く、雰囲気も良い。メインティスが個人総合を上げたし、ステージでも4位。コスタも残り3kmまで先頭で走って敢闘賞。残す山はあと1ステージ。最後に逃げたいな~(笑)」

 23日の第20ステージは序盤に2級、中盤には1級を2回、そして、終盤に超級1回を越える今年のツール・ド・フランス最後の山岳ステージ(146.5km)。選手らはこのステージを終えると空路でバリ近郊に移動し、最終ステージを迎える。

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2016 ツール2016・ユキヤ通信 新城幸也

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載