スマートフォン版はこちら

新製品情報メリダが2017年モデル発表 「スクルトゥーラ」ディスクブレーキ採用モデルがズラリ

by 澤野健太 / Kenta SAWANO
  • 一覧

 メリダの2017年モデルの展示会が神奈川県で行われ、今年4月のパリ~ルーベで実戦投入され話題になったディスクロード「SCULTURA DISC TEAM」(スクルトゥーラ ディスク チーム)が国内発表された。またオールラウンドモデルのスクルトゥーラは他の機種でもディスクブレーキを採用。ほかにも、フルカーボンの「スクルトゥーラ ディスク4000」、アルミフレームの「スクルトゥーラ ディスク700」などエントリーモデルでもディスクブレーキモデルがラインナップに加わった。

パリ~ルーベでランプレメリダが実戦投入したスクルトゥーラ ディスク チーム Photo: Kenta SAWANOパリ~ルーベでランプレメリダが実戦投入したスクルトゥーラ ディスク チーム Photo: Kenta SAWANO

スクルトゥーラ ディスク チーム

 油圧式ディスクブレーキ採用「スクルトゥーラ ディスク チーム」(現在はUCIレースで使用中止)のCF4フレームは重量900g(54サイズ)。CF4フレームはキャリパーブレーキモデルでも軽量と剛性に定評があったが、チェーンステーを8mm延長することでタイヤクリアランスを拡大。悪路の走行も視野に入れ、30Cのタイヤも装着可能になった。

スクルトゥーラ ディスク チームのチェーンステーには発熱を抑える放熱フィンが取り付けられている Photo: Kenta SAWANOスクルトゥーラ ディスク チームのチェーンステーには発熱を抑える放熱フィンが取り付けられている Photo: Kenta SAWANO
スクルトゥーラ ディスク チームはディスクブレーキ用のフルクラム・レーシングクアトロを採用 Photo: Kenta SAWANOスクルトゥーラ ディスク チームはディスクブレーキ用のフルクラム・レーシングクアトロを採用 Photo: Kenta SAWANO

 シマノR9100系新型デュラエースのフラットマウントディスクブレーキを採用し、フルクラムのディスクブレーキ用カーボンクリンチャーホイール「レーシングクアトロ ディスクカーボン」と組み合わせている。左側チェーンステーにはディスクブレーキ特有の熱問題に対処するため、鍛造アルミニウム製の放熱フィン「DISC-COOLER」(ディスククーラー)を採用。一定の条件下で35℃の冷却を実現した。プロの使用はもちろん、一般ライダーの長い下りでも安定した制動性能をサポートするという。

スクルトゥーラ ディスク チームは前後ブレーキともフラットマウントを採用 Photo: Kenta SAWANOスクルトゥーラ ディスク チームは前後ブレーキともフラットマウントを採用 Photo: Kenta SAWANO
シートポストにはランプレとUCI公認マークが入っている Photo: Kenta SAWANOシートポストにはランプレとUCI公認マークが入っている Photo: Kenta SAWANO
スクルトゥーラ ディスク チームのすっきりとしたシートステー Photo: Kenta SAWANOスクルトゥーラ ディスク チームのすっきりとしたシートステー Photo: Kenta SAWANO

■スクルトゥーラ チーム完成車
カラー:マットUD/ホワイト(ランプレ チーム)
サイズ:44、47、50、52、54
税抜価格:850,000円

■スクルトゥーラ チーム・フレームセット
カラー:マットUD/ホワイト(ランプレ チーム)
サイズ:44、47、50、52、54、56
税抜価格:269,000円

スクルトゥーラ ディスク 4000

フルカーボンディスクにシマノ105を装備したスクルトゥーラ ディスク4000 Photo: Kenta SAWANOフルカーボンディスクにシマノ105を装備したスクルトゥーラ ディスク4000 Photo: Kenta SAWANO

 「スクルトゥーラ ディスク 4000」はフルモデルチェンジしたカーボンCF2フレームに、シマノ製フラットマウント油圧式ディスクブレーキを採用したモデル。前後12mmのスルーアクスルで、グラベル走破も想定し28Cタイヤにも対応した幅広なクリアランスの設計だ。コンポはシマノ105を採用(クランクはFSAゴッサマー)。上位モデルと同じくディスククーラーを装備しながら20万円台前半の価格も魅力的だ。

スクルトゥーラ ディスク4000もフラットマウントと前後12mmスルーアクスルを採用 Photo: Kenta SAWANO Photo: Kenta SAWANOスクルトゥーラ ディスク4000もフラットマウントと前後12mmスルーアクスルを採用 Photo: Kenta SAWANO Photo: Kenta SAWANO
スクルトゥーラ ディスク4000も上位モデルと同様に放熱フィンを装備 Photo: Kenta SAWANOスクルトゥーラ ディスク4000も上位モデルと同様に放熱フィンを装備 Photo: Kenta SAWANO

■スクルトゥーラ ディスク4000
カラー:パールホワイト(アントラシート/レッド)、アントラシート(グリーン/ブラック)
サイズ:44、47、50、52、54、56
税抜価格:229,000円

アルミフレームにディスクブレーキを装備したスクルトゥーラ ディスク700 Photo: Kenta SAWANOアルミフレームにディスクブレーキを装備したスクルトゥーラ ディスク700 Photo: Kenta SAWANO

ホイールはディスクブレーキ専用のDT SWISS R24 dbを採用。白のロゴが映える Photo: Kenta SAWANOホイールはディスクブレーキ専用のDT SWISS R24 dbを採用。白のロゴが映える Photo: Kenta SAWANO

スクルトゥーラ ディスク 700

 アルミフレームにもディスクブレーキ採用モデル「スクラトゥーラ ディスク700」がラインナップ。アルミフレームも新設計の「スクルトゥーラ ライト」フレームとなり、ダウンチューブとシートチューブがエアロ化されている。ケーブル類も内蔵され、すっきりとした印象。コンポはクランクまでシマノ105、ホイールはDTスイスのディスクブレーキ専用モデルを装着するなど、トータルバランスも高い。

■スクルトゥーラ ディスク700
カラー:シルクブラック、マットグリーン/グリーン
サイズ:44、47、50、52、54、56
税抜価格:209,000円

セミエアロの新型CF2フレームを採用したスクルトゥーラ6000 Photo: Kenta SAWANOセミエアロの新型CF2フレームを採用したスクルトゥーラ6000 Photo: Kenta SAWANO
セミエアロダウンチューブを採用した新型スクルトゥーラCF2フレーム Photo: Kenta SAWANOセミエアロダウンチューブを採用した新型スクルトゥーラCF2フレーム Photo: Kenta SAWANO
サドルまでブルーとイエローを基調にしたカラーリング Photo: Kenta SAWANOサドルまでブルーとイエローを基調にしたカラーリング Photo: Kenta SAWANO

スクルトゥーラ 6000

 フレームが新設計されたスクルトゥーラではキャリパーブレーキのミドルレンジの車種も新しくなった。「スクルトゥーラ6000」は新型CF2フレームに、シマノ・アルテグラ、ホイールにフルクラム レーシング エキスパートなど上位の「チーム」モデルと同じブランドを選択。Di2対応も可能で、将来のグレードアップを見据えている。新型スクルトゥーラCF2フレームはセミエアロ形状で重量は1100g以下、28Cまでのタイヤを履くことができるカラー展開は1色だが、マットブルーとイエローを基調にした爽やかなカラーリングが印象的だ。

■スクルトゥーラ 6000
カラー:マットブルー
サイズ:44、47、50、52、54
税抜価格:299,000円

スクルトゥーラ 5000

フルカーボンフレームでシマノ・アルテグラを採用しながら価格を抑えたスクルトゥーラ5000 Photo: Kenta SAWANOフルカーボンフレームでシマノ・アルテグラを採用しながら価格を抑えたスクルトゥーラ5000 Photo: Kenta SAWANO

 「スクルトゥーラ5000」は6000と同じフレームでアルテグラを採用するが、ホイールをメリダのオリジナルに変更するなどして税抜価格で6万円安くなったコストパフォーマンスの良いモデル。チームレプリカカラーもラインナップされている。

■スクルトゥーラ 5000
カラー:マットUDカーボン(チーム レプリカ、グリーン)
サイズ:44、47、50、52、54、56
税抜価格:239,000円

スクルトゥーラ 9000E

スラムレッド eTAPを採用したスクルトゥーラ 9000E Photo: Kenta SAWANOスラムレッド eTAPを採用したスクルトゥーラ 9000E Photo: Kenta SAWANO

 ハイエンドモデルでは超軽量の「CF5フレーム」と「スーパーライト フォーク」を組み合わせ985gのフレームセットに、無線変速システムのスラム・RED eTAPを組み合わせた「スクルトゥーラ 9000E」も登場。DTスイスの軽量RC28Cホイールも採用し、UCIルールを下回る重量で、ヒルクライムを中心にオールラウンドに使えるフラッグシップ完成車となった。

■スクルトゥーラ 9000E完成車
カラー:マットUDカーボン
サイズ:44、47、50、52、54
税抜価格:1,200,000円

■スクルトゥーラ 9000Eフレームセット
カラー:マットUDカーボン
サイズ:44、47、50、52、54、56
税抜価格:329,000円

ディスクブレーキのグラベルロード「ライド ディスク アドベンチャーCF」も新登場 Photo: Kenta SAWANOディスクブレーキのグラベルロード「ライド ディスク アドベンチャーCF」も新登場 Photo: Kenta SAWANO
アルミフレームのディスクブレーキ採用グラベルロード「ライド ディスク アドベンチャー」 Photo: Kenta SAWANO Photo: Kenta SAWANOアルミフレームのディスクブレーキ採用グラベルロード「ライド ディスク アドベンチャー」 Photo: Kenta SAWANO Photo: Kenta SAWANO

ライド ディスク アドベンチャー

 油圧ディスクブレーキを採用した28Cのグラベルロード「ライド ディスク アドベンチャー」シリーズも新登場。スラム・ライバルのフロントシングルドライブトレインにポストマウントの油圧ディスクを搭載。フルカーボンの「ライド ディスク アドベンチャーCF」と、アルミフレームの「ライド ディスク アドベンチャー」の2種類から選ぶことができる。

■ライド ディスク アドベンチャーCF
カラー:メタリックブルー
サイズ:47、50、52、54
税抜価格:279,000円

■ライド ディスク アドベンチャー
カラー:グリーン
サイズ:47、50、52、54
税抜価格:199,000円

関連記事

この記事のタグ

サイクルパーツ ブレーキ メリダ 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載