スマートフォン版はこちら

新製品情報専用設計のフェンダー付き新「シラス」が登場 スペシャライズドの2017年モデル

  • 一覧

 アメリカのバイクブランド、スペシャライズドの2017年モデル発表会では、オンロードからオフロード、レースからタウンスポーツまで、さまざまなジャンルのスポーツバイクが展示会場に並んだ。「S-WORKS TARMAC DISC RED eTAP」(S-ワークス ターマック ディスク レッド イータップ)などを紹介した前編に続き、後編ではクロスバイクの決定版「SIRRUS」(シラス)やファットバイク、女性用ロードバイクのラインナップなどを紹介する。 (齋藤むつみ)

「SIRRUS COMP CITY」(シラス コンプ シティ) Photo: Mutsumi SaitoSIRRUS COMP CITY(シラス コンプ シティ) Photo: Mutsumi Saito

風洞実験をクリアしたフェンダー

 「SIRRUS」(シラス)シリーズはカラーチェンジなどの手入れがされ、全体的に価格がシェイプされた。新パッケージの「SIRRUS COMP CITY」(シラス コンプ シティ)は、ディスクブレーキとフェンダーを装備したモデルで、落ち着いたフレームの色だが、再帰反射の光る塗装が施されている。また、専用に設計されたフェンダーは、なんと風洞実験で舞い上がる水しぶきを分析しているというから驚きだ。フロントフェンダーがかなり下まで伸びているのは、実験結果によるものという。

タイヤのギリギリまで迫るフェンダーはさすがの専用設計 Photo: Mutsumi Saitoタイヤのギリギリまで迫るフェンダーはさすがの専用設計 Photo: Mutsumi Saito
風洞実験によって生み出されたという無駄のないシルエット Photo: Mutsumi Saito風洞実験によって生み出されたという無駄のないシルエット Photo: Mutsumi Saito
スタンダードなアルミフレームのSIRRUS(シラス) Photo: Ikki YONEYAMAスタンダードなアルミフレームのSIRRUS(シラス) Photo: Ikki YONEYAMA

 そのほかSIRRUSシリーズには、カーボンフレームの「SIRRUS PRO CARBON」(シラス プロ カーボン)と「SIRRUS COMP CARBON」(シラス コンプ カーボン)、アルミフレームでディスク仕様の「SIRRUS SPORT」(シラス スポーツ)、5万円台の「SIRRUS」(シラス)がある。

■SIRRUS COMP CITY(シラス コンプ シティ)
税抜価格:130,000円
■SIRRUS PRO CARBON(シラス プロ カーボン)
税抜価格:275,000円
■SIRRUS COMP CARBON(シラス コンプ カーボン)
税抜価格:180,000円
■SIRRUS SPORT(シラス スポーツ)
税抜価格:76,000円
■SIRRUS(シラス)
税抜価格:55,000円

ヘルメットのトップモデルが刷新

 女性用のヘルメットやシューズなどが充実しているのは、スペシャライズドブランドの特徴の一つ。ハイモデルの「S-WORKS PREVAIL Ⅱ WMN」(S-ワークス プリヴェイル Ⅱ WMN)が参考展示されていたが、手に取ると明らかに軽量で、調節のしやすいダイヤルと、横の張り出しが少なくすっきりとしたシルエットが好印象だった。男性用の「S-WORKS PREVAIL Ⅱ」も同様に、S、M、Lの3サイズ展開で、国内ではアジアンフィットで10月頃から入荷する。

女性用のアパレルが充実するスペシャライズド Photo: Mutsumi Saito女性用のアパレルが充実するスペシャライズド Photo: Mutsumi Saito
モデルチェンジを果たしたS-WORKS PREVAIL Ⅱ(S-ワークス プリヴェイル Ⅱ) Photo: Ikki YONEYAMAモデルチェンジを果たしたS-WORKS PREVAIL Ⅱ(S-ワークス プリヴェイル Ⅱ) Photo: Ikki YONEYAMA

■S-WORKS PREVAIL Ⅱ WMN(S-ワークス プリヴェイル Ⅱ WMN
税抜価格:26,000円
■S-WORKS PREVAIL Ⅱ(S-ワークス プリヴェイルⅡ)
税抜価格:26,000円

グレード幅が広がったアミラ

 女性用ロードバイクのラインナップは、「AMIRA」(アミラ)、「RUBY」(ルビー)、「DOLCE」(ドルチェ)のシリーズで継続。男性用のラインナップ同様に低価格帯のバイクの充実が計られ、「AMIRA」(アミラ)ではFact9カーボンのフレームにシマノ・105仕様の「AMIRA SL4 SPORT」がエントリーグレードだったのに対し、2017年モデルでは、その下にシマノ・ティアグラを装備した「AMIRA SL4」が登場している。

AMIRA SL4 EXPERT UDi2(アミラ SL4 エキスパート UDi2) Photo: Mutsumi SaitoAMIRA SL4 EXPERT UDi2(アミラ SL4 エキスパート UDi2) Photo: Mutsumi Saito

 本格的にレース参戦を考えている女性には、前編で紹介した「S-WORKS AMIRA SL4 RED eTAP」(S-ワークス アミラ SL4 レッド イータップ)に加え、「AMIRA SL4 EXPERT UDi2」(アミラ SL4 エキスパート UDi2)や「AMIRA SL4 COMP」(アミラ SL4 コンプ)も意中のバイクになるだろう。2016年モデルにもあった「ボエルス・ドルマンス サイクリングチーム」のレプリカカラーが継続で、オレンジとピンクのグラデーションが華やかな印象だ。

 アルミのメインフレームとゼルツダンパー内蔵のカーボンフォークをセットした「DOLCE」(ドルチェ)シリーズは継続。追加のカラーがあり、初めてのスポーツバイクとして検討している層には選択肢が多く、手厚いラインナップとなっている。

AMIRA SL4 COMP(アミラ SL4 コンプ) Photo: Mutsumi SaitoAMIRA SL4 COMP(アミラ SL4 コンプ) Photo: Mutsumi Saito
DOLCE SPORT(ドルチェ スポーツ) Photo: Mutsumi SaitoDOLCE SPORT(ドルチェ スポーツ) Photo: Mutsumi Saito

■AMIRA SL4(アミラ SL4)
税抜価格:175,000円
■AMIRA SL4 EXPERT UDi2(アミラ SL4 エキスパート UDi2)
税抜価格:450,000円
■AMIRA SL4 COMP(アミラ SL4 コンプ)
税抜価格:300,000円
■DOLCE SPORT(ドルチェ スポーツ)
税抜価格:100,000円

キッズ用ファットバイクが登場

RIPROCK(リップロック) Photo: Mutsumi SaitoRIPROCK(リップロック) Photo: Mutsumi Saito

 子供用バイクに新機種「RIPROCK」(リップロック)が登場した。大人顔負けのファットバイクスタイルが24インチと20インチで、カラーはどちらも2色展開される。ディスクブレーキを装備し、フロントシングル、リアは8段変速。「FATBOY」(ファットボーイ)と並んでも、迫力のある出で立ちだ。とはいえ、「RIPROCK」のタイヤは2.8幅なので、ファットタイヤよりはやや細く、キッズライダーが楽しくコントロールしやすいように配慮されている。なお、定番の「HOTROCK」(ホットロック)も16インチ、20インチ、24インチで継続だ。

PHENOM ANZA(フェノム アンザ) Photo: Mutsumi SaitoPHENOM ANZA(フェノム アンザ) Photo: Mutsumi Saito

 MTBでは国内未展開のモデルへの要望に応え、8月上旬からアメリカのMTBレギュラーラインナップの一部を取り寄せ対応するなど、こちらにも力が入る。納期は約4カ月の予定とのことだ。

 MTB用サドルの「PHENOM」には、レザー調の「PHENOM ANZA」(フェノム アンザ)が加わった。特許取得のBody Geometry設計の形状と、レザータッチが一度使うとクセになりそうだ。同色のバーテープも用意されているので、そちらも合わせたい。

■RIPROCK 24(リップロック 24)
税抜価格:52,000円
■RIPROCK 20(リップロック 20)
税抜価格:50,000円
■PHENOM ANZA(フェノム アンザ)
税抜価格:15,000円

MTBの世界を変える? 電動アシスト「TURBO LEVO」

 スペシャライズドが発表した2017年モデルは随所に新製品が投入され、バイクの継続モデルに関しては手の届きやすい価格帯のパッケージを充実させた。特に、10万円前後、20万円台以下のクラスのバイクは男性用、女性用共に層が厚い。そして新型のヘルメット「S-WORKS PREVAIL Ⅱ」は会場内で手に取る人が多く、その期待の高さが伺えた。また、2017年モデルは為替の影響もあって、価格は全体的にやや抑えられているので、今期は買い替えユーザーにもチャンスのようだ。

参考出品された「S-WORKS TURBO LEVO FSR 6FATTIE」 Photo: Ikki YONEYAMA参考出品された「S-WORKS TURBO LEVO FSR 6FATTIE」 Photo: Ikki YONEYAMA

 国内では法規制の関係で未展開だが、スペシャライズドでは初の電動アシスト機能付きのMTB「TURBO LEVO」が製品化され世界的に話題を集めている。モーター、リチウムバッテリー、センサー、インジケーターをスイスの開発部門で専用に開発。静かで正確な動作と、自然でなめらかな出力が特徴で、エコ、トレイル、ターボの3つの走行モードを保持し、これまで以上にトレイルを自由に楽しめるマシンとのこと。最先端を行くバイクメーカーとして、今後の展開も気になるブランドだ。

関連記事

この記事のタグ

スペシャライズド 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載