title banner

【Teamユキヤ通信】ツール・ド・フランス2016 休息日<2>新城幸也、最終週は「まず明日逃げたい」 休息日の朝は抜き打ちのドーピングチェック

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 ツール・ド・フランスに出場中の新城幸也(ランプレ・メリダ)は7月19日、スイスのベルンで今大会2回目の休息日を過ごした。

​フランスのテレビ局にコメントを求められる新城 ​Photo: Miwa IIJIMA フランスのテレビ局にコメントを求められる新城  Photo: Miwa IIJIMA

 新城は11時からゆっくりと練習に出るつもりが、朝8時に抜き打ちのドーピングコントロール(アンチドーピング検査)が入り、休息日の朝はのんびり、とはいかなかったようだ。

海外の記者からも取材を受ける新城 Photo: Miwa IIJIMA​海外の記者からも取材を受ける新城 Photo: Miwa IIJIMA

 夕方からはメディア向けの単独記者会見を行い、残り5ステージ、今まで以上に厳しい山岳コースに入るにあたり、「それほど疲れはない。これから残りのステージ何ができるか考えると、まずは明日逃げたい」と意気込みを語った。日本のメディアだけではなく、海外メディアから単独での取材を受けることも多くなったが、新城は慣れた様子で対応していた。

 休息日明けの7月20日に行われる第17ステージは、ベルンをスタートしてフランスとの国境の町まで、峠越えのステージとなる。中盤に3級山岳が2回、そして終盤には1級山岳、さらに超級山岳の山頂ゴールが待ち構える。

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2016 ツール2016・ユキヤ通信 新城幸也

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

Cyclist CLIP

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載