重大な事故になる恐れ京都・木津川の流れ橋「乗車」ダメ 自転車やバイクの約30%が降りずに通過

  • 一覧
「流れ橋」を自転車を降りて押して渡る人。柵がないうえに河川敷まではかなりの高さがあり乗車は危険だ(中村宏二撮影)「流れ橋」を自転車を降りて押して渡る人。柵がないうえに河川敷まではかなりの高さがあり乗車は危険だ(中村宏二撮影)

 今年3月に復旧した京都府八幡市と久御山町の境を流れる木津川に架かる上津屋(こうづや)橋(通称・流れ橋)。自転車とバイクは、降りて押して渡ることができるが、調査の結果、約30%の人が自転車やバイクに「乗車」したまま渡っていたことが明らかになった。安全を確保するため府は新たな看板を設置するなどし、改めて「押して通行してほしい」と呼びかける。

 流れ橋は従前から自転車とバイクの通行に対し、「押して渡ること」を呼びかけていたが、今回、実態を調査。6月27日の月曜日、午前9時から午後6時までの時間に国土交通省設置の河川監視用ライブカメラで観測した。

 結果は通行台数199台のうち、押して渡っていたのは135台、乗っていたのは64台で、32%の人が乗車して渡っていた。

 実際、橋を渡るバイクと自転車の利用者を見ていると、特にバイクでは最初は押して渡っているものの、対向者がいなくなったり、まもなく渡り終えるころに乗る人もいたりしたほか、自転車では“快走”している人も見受けられた。

 流れ橋は全長356.5メートル。幅は3.3メートルと狭いうえ、復旧により橋面の高さも75センチかさ上げされ、高度感も増している。転落防止の柵もないため、もしもの場合は重大な事故になる恐れがある。

 府では、これまでも看板を掲げていたが、よりビジュアルな新たな看板を設置してマナー順守を呼びかけるとともに、夏休み前には近隣の小中学生に対し、文書を配布することにした。

 山城北土木事務所は「流れ橋は5mを超える高さがあり、歩行者と衝突したりバランスを崩したりして落ちると大事故になる。安全に利用してもらうため、マナーを守ってほしい」としている。

産経ニュースより)

この記事のタグ

防犯

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載