7月29日に事前番組を放送ドラマ『弱虫ペダル』の製作会見で出演者がアピール 「疾走感や汗や熱を感じてほしい」

  • 一覧
製作会見に出席した出演者、監督たち。小越勇輝(写真前列中央)が主人公・小野田坂道を演じる (竹本浩一撮影)製作会見に出席した出演者、監督たち。小越勇輝(写真前列中央)が主人公・小野田坂道を演じる (竹本浩一撮影)

 BSスカパーの連続ドラマ『弱虫ペダル』の製作会見が都内にて開催され、主人公・小野田坂道を演じる小越勇輝らドラマキャスト13人と、監督の棚澤孝義が出席。撮影エピソードや意気込みを語った。

 同作品は、『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)で連載中の、自転車ロードレースを題材にした同名漫画が原作。主人公である孤独なアニメオタク少年・小野田坂道が、自転車競技部の仲間とともにインターハイ全国優勝を目指す姿を描いた青春スポーツ物語。累計発行部数は1500万部を突破している大人気漫画で、舞台化もされ人気を博している。

 主演の小越は「舞台から一緒にやっているキャスト陣でドラマを作れることはすごく恵まれていると思います。ドラマでは、実際に自転車を使って走っているので、キャストの疾走感や汗や熱を感じてほしいです」と見どころを語った。

 BSスカパーオリジナル連続ドラマ『弱虫ペダル』は、8月26日より、毎週金曜午後9時放送。7月29日午後9時には、収録現場の模様やキャストへのインタビューなど、ドラマをさらに楽しむための事前特番が放送される。

夕刊フジより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

弱虫ペダル

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載