バイクインプレッション2016「TREK DOMANE ALR4」 高い振動吸収性を発揮するアルミ製の新型ドマーネ

  • 一覧

 トレックが新型ドマーネを発表した。ドマーネの象徴であるIsoSpeed(アイソスピード)テクノロジーのさらなる進化は、アルミ製のドマーネにも脅威の快適さと安定性を備えさせ、ペダリング効率を犠牲にせず、縦方向の柔軟性を高めている。今回試乗したのは「ドマーネALR4」。メインコンポーネントにシマノ・ティアグラを装備した赤の車体は、上位モデルに通じるオーラを纏い、プロ仕様のような「セガフレード・ザネッティ」のロゴが入っている。

TREK DOMANE ALR4(トレック ドマーネ ALR4) Photo: Masami SATOUTREK DOMANE ALR4(トレック ドマーネ ALR4) Photo: Masami SATOU

TREK DOMANE ALR4(トレック ドマーネ ALR4)
価格:169,000円(完成車、税込)
サイズ:50、52、54、56、58、60
カラー:Quicksilver、Viper Red
問い合わせ先:トレック・ジャパン http://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/

スペック

フレーム:200シリーズ アルファ アルミニウム
フォーク:ドマーネカーボン
変速機:シマノ・ティアグラ(F)&(R)
ギヤ:シマノ・ティアグラ 50×34T、 11-32T(10s)
ホイール:ボントレガー・チューブレスレディ
重量:9.35kg(54サイズ完成車実測値)

安定感を高めるドロップアウト形状と縦方向の柔軟性を高め快適さを演出するISOSPEEDフォーク。ダイレクトマウントブレーキを採用 Photo: Masami SATOU安定感を高めるドロップアウト形状と縦方向の柔軟性を高め快適さを演出するISOSPEEDフォーク。ダイレクトマウントブレーキを採用 Photo: Masami SATOU
シートチューブを独立させ、ペダリングを妨げることなく振動吸収性と剛性を両立するアイソスピードテクノロジー Photo: Masami SATOUシートチューブを独立させ、ペダリングを妨げることなく振動吸収性と剛性を両立するアイソスピードテクノロジー Photo: Masami SATOU
スマートなワイヤレス化を実現するデュオトラップセンサーはチェーンステーに内蔵される Photo: Masami SATOUスマートなワイヤレス化を実現するデュオトラップセンサーはチェーンステーに内蔵される Photo: Masami SATOU

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU

米山 初のフルモデルチェンジを果たした新型ドマーネシリーズでは唯一アルミフレームを採用する「ドマーネALR4」だけど、カーボンフレームの上位モデルにかなり近いフォルムを実現しているよね。

松尾 カラーもセガフレードチームモデルでしたね。新型ティアグラが搭載され、シフトタッチもいいです! ただ、サードパーティ製のブレーキは剛性不足だったので、後で交換したいかも。

米山 ドマーネALR4のIsoSpeedは従来通りのリア側のみの搭載だけど、走りはどう?

松尾 振動吸収性能ですが、カーボンバイクと遜色ないレベルでよかったです。しっとりとしたアルミバイクで、長距離もラクそうです。

米山 この独自の機構によって高い振動吸収性を発揮するし、ドマーネならではの安定感を感じることができるよね。パーツ構成もあって、重量はそこそこ重めになっているから、軽々とダンシングしていくというよりは、どっしり座ってペダリングをしていくといい。ハンドルは少しマッチョなイメージで握っていった方が感覚的に合うと思った。

松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU

松尾 ええ。さすがに重量があり、急加速や坂を速く上ることについては苦手ですが、上位モデル譲りの安定感はビギナーでも安心して乗りこなすことができるでしょう。

米山 峠アタックとか坂バカというワードは念頭になく、ロードバイクで長い距離に乗りたい人、あちこち走って行きたい人にオススメ。見た目は自転車の本質ではないけれども、カーボンフレームのドマーネSLと並べて見ても、「どちらがアルミだったっけ?」と数秒迷ってしまうくらい似ているほど見た目が良いのは、やはり気分がいいものだ。価格面も魅力的だと思う。

松尾 ロードを始めるのに適した装備を、リーズナブルな価格で実現したバランスの良いバイクだと思います。バイク自体に安っぽさがありません。まずロードバイクを始めてみたい人に乗ってほしいバイクです。姿勢が立つジオメトリーなので、初心者も安心ですよ。

(編集 齋藤むつみ)

Photo: Masami SATOUPhoto: Masami SATOU

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

トレック(TREK)のロードバイク

2017年モデル アルミ トレック バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載