title banner

スタートから170kmをエスケープ【速報】新城幸也、ツール・ド・フランス第6ステージで敢闘賞獲得 4年ぶり2度目の受賞

  • 一覧

 ツール・ド・フランスに日本人として唯一出場している新城幸也(ランプレ・メリダ)が7日7日、190.5kmで行われた第6ステージで敢闘賞を獲得した。スタート直後から残り約22kmまで逃げ、2012年第4ステージ以来2度目の受賞を決めた。ゴールではマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ディメンションデータ)がスプリントを制し大会3勝目を挙げた。

ツール・ド・フランス2016第6ステージで、敢闘賞を獲得した新城幸也 Photo: Shusaku MATSUOツール・ド・フランス2016第6ステージで、敢闘賞を獲得した新城幸也 Photo: Shusaku MATSUO

 新城はヤン・バルタ(チェコ、ボーラ・アルゴン18)と2人でファーストアタックを決め、終盤まで逃げ続けた。メイン集団が近づくとアタックを仕掛け合ったが、互いに譲らず、同時に集団に吸収された。日本人初のステージ優勝は逃したが、レース終了前に主催者から新城の敢闘賞獲得が発表された。

敢闘賞を獲得したゴール後の新城幸也 Photo: Shusaku MATSUO敢闘賞を獲得したゴール後の新城幸也 Photo: Shusaku MATSUO
ツール・ド・フランス第6ステージのゴール地点、モントーバンの会場 Photo: Shusaku MATSUOツール・ド・フランス第6ステージのゴール地点、モントーバンの会場 Photo: Shusaku MATSUO

 2月の大腿骨骨折から復帰して2年ぶりの出場を果たした新城は、第1ステージでは終盤に落車して左手を負傷。前日の第5ステージでも集団落車に巻き込まれ、同じ箇所を痛めていた。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2016 ツール2016・レースレポート 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載