道の真ん中を走る子供も…「事故ゼロ」人文字でアピール 小学生がルール学んだ自転車安全教室 京都・綾部市

  • 一覧
ヘリコプターから撮影した人文字の0 =京都府綾部市の上林小中一貫校(京都府警提供)ヘリコプターから撮影した人文字の0 =京都府綾部市の上林小中一貫校(京都府警提供)

 子供たちに自転車運転の際のルールやマナーを身につけてもらおうと、交通安全教室が7月6日、京都府綾部市八津合町の上林小中一貫校で、小学1~6年の児童22人が参加して開かれた。教室終了後には児童らがグラウンドで「0」の人文字を作り、府警ヘリコプターから撮影。“交通事故ゼロ”をアピールした。

 校区が広い同校では、通学や放課後などに自転車を使う児童・生徒も多く、自転車による事故を少しでも減らそうと、綾部署などの協力で実施。同校のグラウンドに自転車用のコースを作って信号機や交差点なども設置し、子供たちが実際に自転車を走らせて安全運転について学んだ。

 最初は、低学年が自転車運転の基本的ルールなどを学習。綾部署員から「自転車は道路の左端を走りましょう」などの説明を聞いた後、一人ずつ順番に自分たちの自転車でコースを走った。中には道の真ん中を走る子供もいて、綾部署員や交通安全ボランティアが注意する姿も見られた。

 同小3年の柏原葵さん(8)は「自転車のことをいろいろ教えてもらって良かった。これから自転車に乗るときは、今日覚えたことを生かしたい」と話していた。

 その後は高学年の子供たちが、S字カーブの走行などの実技試験や筆記試験を受け、同署から“自転車運転免許”の交付を受けた。

 最後に、子供たちや署員ら計40人がグラウンドに0の文字を作り、府警ヘリ「みやこ」から撮影。できあがった写真は、府警などが交通安全啓発に利用することになっている。

産経新聞・京都版より)

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載