バイクインプレッション2016「TREK DOMANE SL6」 独自の振動吸収システムを練磨した新型ドマーネのセカンドグレード

  • 一覧

 アメリカのバイクブランド、トレックから発表された新型ドマーネ。独自の振動吸収システムであるシートチューブのIsoSpeed(アイソスピード)テクノロジーをさらに進化させたことに加え、新たにフロントにも導入し、驚異の快適性・安定性を実現した。フレームは「SLR」「SL」「S」の3グレードに大きく分かれ、さらに細やかな配慮がなされた好スペックモデルが並ぶ。今回はセカンドグレードの「ドマーネSL6」を試乗した。

TREK DOMANE SL6(トレック ドマーネ SL6) Photo: Masami SATOUTREK DOMANE SL6(トレック ドマーネ SL6) Photo: Masami SATOU

TREK DOMANE SL6(トレック ドマーネ SL6)
税込価格:410,000円(完成車)
サイズ:50、52、54、56、58、60
カラー:Black Pearl/Crystal White、Matte Viper Red/Pinot Red
問い合わせ先:トレック・ジャパン http://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/

スペック

フレーム:500シリーズ OCLVカーボン
フォーク:ドマーネ フルカーボン
変速機:シマノ・アルテグラ(F)&(R)
ギヤ:シマノ・アルテグラ 50×34T、 11-32T(11s)
ホイール:ボントレガー・レース チューブレスレディ
重量:7.80kg(54サイズ完成車実測値)

電動コンポーネント用のバッテリーや充電ポートはダウンチューブに備わる Photo: Masami SATOU電動コンポーネント用のバッテリーや充電ポートはダウンチューブに備わる Photo: Masami SATOU
よりスムーズなライドのために開発されたフロントのアイソスピードテクノロジー Photo: Masami SATOUよりスムーズなライドのために開発されたフロントのアイソスピードテクノロジー Photo: Masami SATOU
リアのアイソスピードはシートチューブを独立させ振動吸収性と剛性を両立 Photo: Masami SATOUリアのアイソスピードはシートチューブを独立させ振動吸収性と剛性を両立 Photo: Masami SATOU

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU

米山 ドマーネが登場から4年にして初のフルモデルチェンジを果たし、第2世代となった。ドマーネはトレック独自の振動吸収システム、アイソスピードを搭載したエンデュランスロード。新型はその部分のブラッシュアップと、ディスク仕様の完成車が登場したのがトピックスだね。

松尾 4月の国内発表会の際に、トップグレードの「ドマーネSLR」を試乗しました。すぐにその進化を感じ取れましたが、今回の「ドマーネSL」もフロントのアイソスピードテクノロジーの効果が大きかったです。ダンシングやスプリントでもたわみを感じず、コラムの横方向へのパワーロスを感じさせません。

米山 そうだね。第2世代の目玉であるフロントのアイソスピードの効果には、半信半疑で乗ってみたが、想像以上にその効果を感じることができた。通常の路面ではハンドルから来る感触がとてもシルキーになり、また石畳のような荒れた路面では積極的に衝撃を吸収する。かといってハンドリングが悪くなるわけでもなく、実によくできていると思う。もちろんリア側のアイソスピードも相変わらずよく働いている。

松尾 ええ。前後に対して動くそうなのですが、それ自体は自然すぎてよくわかりません(笑)。それでも悪路を走ると断然振動が少ないことがわかりました。

米山 ダンシングも軽快にできるけど、加速感はキレよりもじわーっと高出力で上げていく感覚だった。ロードレースでの使い方は、脚質にもよるかな。日本だと悪路でのレースというのはほぼないので、ボクはグラベルも出てくるようなシリアスなロングライドで使ってみたい。

松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU

松尾 でも、第1世代のドマーネである「Cyclist号」に比べると反応が良く、パリパリと軽く進みますよ。以前よりもシャキシャキしてる印象で、素材の違いなのか、BB90になったからか、より良くなっているし、加速でももっさり感は少なくなったと思います。僕の場合ですが、ドマーネは最高のトレーニングバイクです。

米山 たしかに、「これまでのドマーネ」のイメージで乗ると、新型はまず軽快さが印象に残った。第1世代のドマーネのどっしり感は少し薄くなり、バイクを取り回しやすくなったと思う。セカンドグレードのカーボン素材を採用するSLは、凝ったギミックの割には価格も最初から結構こなれていて、プライスパフォーマンスは高いと思う。

松尾 長い距離、長い時間乗っても、次の日に疲れを持ち越さずに同じようにトレーニングができ、コンディションを調整しやすいです。急な動作に対して得意ではないようなので、レースはマドンやエモンダに任せても、ツーリングやトレーニングに最適なバイクだと思います。

(編集 齋藤むつみ)

Photo: Masami SATOUPhoto: Masami SATOU

関連記事

この記事のタグ

30~50万円のロードバイクトレック(TREK)のロードバイク

2017年モデル 30~50万円 トレック バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載