高校の同級生が自転車・陸上でそれぞれ代表に塚越さくら「8位入賞以上」が目標 リオ五輪代表2人が埼玉県知事を表敬訪問

  • 一覧
リオ五輪に出場する(左から)競歩の岡田久美子選手、上田清司知事、自転車の塚越さくら選手(川上響撮影)リオ五輪に出場する(左から)競歩の岡田久美子選手、上田清司知事、自転車の塚越さくら選手(川上響撮影)

 リオデジャネイロ五輪に出場する自転車競技女子オムニアム代表の塚越さくら(25)、陸上競技女子20キロ競歩代表の岡田久美子(24)の2選手が7月1日、上田清司埼玉県知事を表敬訪問した。

 2人は県立熊谷女子高の陸上競技部で同級生で、塚越選手は岡田選手について「高校生のとき日本のトップだったので五輪に行くだろうと思っていた」。岡田選手は塚越選手について「しっかりしている。今回は先にさくらちゃんが五輪の内定をもらい、勇気をもらった」と語っていた。

 上田知事は自転車付きのコバトンと競歩用シューズを履いたコバトンを2人に手渡して激励した。

 目標は2人とも「8位入賞以上」と意気込み、五輪での活躍を誓った。

産経ニュースより)

この記事のタグ

2016リオデジャネイロ五輪 2016リオ五輪・その他

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載