title banner

企画名は「鶴・ド・フランス」折り鶴に込めた想いよ届け さいたま市からツール出場選手に安全祈願の千羽鶴を贈呈

  • 一覧

 ツール・ド・フランスの第2ステージのフィニッシュ地点、シェルブールに7月3日、「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」の主催者であるさいたま市の代表から、出場選手の健康と安全を祈念した千羽鶴が届けられた。“ツール”と“鶴”をかけて「鶴・ド・フランス」と命名された同企画では、ファンやさいたま市の子供たちが鶴を折り、募集開始から6日間で4195羽が集まったという。

ツール・ド・フランスのプレスルームに登場した「鶴・ド・フランス」の千羽鶴4195羽 Photo: Aki SCHULTE-KARASAWAツール・ド・フランスのプレスルームに登場した「鶴・ド・フランス」の千羽鶴4195羽 Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA

 鶴・ド・フランスの折り鶴には、ツール・ド・フランスの4賞ジャージのカラーであるイエロー(マイヨジョーヌ)、グリーン(マイヨヴェール)、レッドドット(マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ)、ホワイト(マイヨブラン)の特注カラーの折り紙を採用。さいたまスポーツフェスティバル(4月29日〜5月2日)やツアー・オブ・ジャパンの東京ステージなどのイベント会場にブースを出展して、来場者が参加して制作してきた。

折り紙は、ツール・ド・フランスの4賞ジャージのカラーを特注した Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA折り紙は、ツール・ド・フランスの4賞ジャージのカラーを特注した Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA
イベント会場で「鶴・ド・フランス」ブースを設置し、子供らが鶴を制作した(提供写真)イベント会場で「鶴・ド・フランス」ブースを設置し、子供らが鶴を制作した(提供写真)
「“ツール・ド・フランス”の名前をさいたまの人に知ってもらいたかった」と話すさいたま市役所の清水大樹さん Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA「“ツール・ド・フランス”の名前をさいたまの人に知ってもらいたかった」と話すさいたま市役所の清水大樹さん Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA

 「“ツール・ド・フランス”の名前をさいたまの人たちに知ってもらいたかった」と話すのは、折り鶴を届けにツール・ド・フランスへ訪れた、さいたま市役所スポーツ文化局スポーツ部スポーツイベント課の清水大樹さん。イベント会場では実際に、「おもしろい」と企画を楽しむ親子が多かったという。

 この日届けられた千羽鶴は、4日の第3ステージのスタート地点、グランヴィルにて、ツール・ド・フランスの大会ディレクター、A.S.O.のクリスティアン・プリュドム氏に贈呈されるという。その後千羽鶴は、最終ゴール地点のパリまでレースとともに旅をする予定だ。古くから安全・健康祈願などのために想いを込めて作られてきた千羽鶴。清水さんは、「折り紙は日本の伝統文化。祈りを込めて折り鶴を折るという文化を世界へ伝えたい」とコメントした。

 2016年のツール・ド・フランスさいたまクリテリウムは、10月29日の開催が決定している。さらに今年の開催以降も2018年までの開催が確定している。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2016ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム ツール・ド・フランス2016 ツール2016・コラム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載