title banner

旅サイクリスト昼間岳の地球写真館<28>ヨルダンの大渓谷を貫く道 谷底で太陽の光を浴び羊飼いと過ごした贅沢な時間

by 昼間岳 / Gaku HIRUMA
  • 一覧
毎日渓谷を一気に下り、一気に上る Photo: Gaku HIRUMA毎日渓谷を一気に下り、一気に上る Photo: Gaku HIRUMA

【2012年1月中旬から下旬】ヨルダン アンマン

 ヨーロッパからトルコに入り、シリアを抜けヨルダンに入る予定だったが、当時すでにシリア情勢が悪かったのでイスタンブールからヨルダンに飛んだ。

 信じがたい話だが、ほんの数年前シリアは自由に旅行でき、人がものすごくいいと評判の国だったので、とても残念な思いをした。

細長く切り立った渓谷を抜けるとペトラ遺跡がある Photo: Gaku HIRUMA細長く切り立った渓谷を抜けるとペトラ遺跡がある Photo: Gaku HIRUMA

 ヨルダンは大渓谷を貫く道の連続だった。渓谷を上から見下ろすと、遥か下の谷に橋が掛かっているのが見え、そこからまた同じ標高まで道が延びている。

 途中で羊飼いの家族に声を掛けられ、チャイとパンをご馳走になる。息子が火をおこしチャイを作ると、まず父親に勧める。イスラム教では父親の威厳は存分に発揮される。そんな威厳はいいなぁと思っていると、まずはお客さんからだと僕にチャイを差し出す。そんな自然な一連の流れに感動を覚える。

 羊のベルだけが遠くに鳴り響く何もない谷底で、暖かい太陽の光を感じ、しばし彼らとの時間を共有する。何もなく言葉も理解できない。だけど最高に贅沢な空間だった。

インディージョーンズの舞台になったペトラ遺跡 Photo: Gaku HIRUMAインディージョーンズの舞台になったペトラ遺跡 Photo: Gaku HIRUMA
羊飼いの親子に温かいおもてなしを受ける Photo: Gaku HIRUMA羊飼いの親子に温かいおもてなしを受ける Photo: Gaku HIRUMA

昼間岳昼間岳(ひるま・がく)

小学生の時に自転車で旅する青年を見て、自転車で世界一周するという夢を抱いた。大学時代は国内外を旅し、卒業後は自転車店に勤務。2009年に念願だった自転車世界一周へ出発した。5年8カ月をかけてたくさんの出会いや感動、経験を自転車に載せながら、世界60カ国を走破。2015年4月に帰国した。ブログ「Take it easy!!

この記事のタグ

旅サイクリスト昼間岳の地球写真館

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載