タイムトライアルと2冠集団をコントロールした小林海が最後に渾身の逃げ決める 全日本ロード・U23詳報

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 U23ナショナルチーム勢がコントロールしたレースを制したのは、スペインから1人で参戦した小林海(こばやし・まりの、Team KUOTA C.PAULINO)だった。東京都大島町で6月25日に開かれた全日本自転車選手権ロードレース大会男子アンダー23(U23、95.2km)。多くの大学生チームが入った先頭集団を終始牽引した小林は最終周回にアタックし、独走で優勝。前日に開催されたタイムトライアル(TT)との2冠に自信を深めた。

U23男子表彰台。左から徳田優(鹿屋体育大学)、優勝した小林海(Team KUOTA C.PAULINO)、3位の松本祐典(明治大学) Photo: Shusaku MATSUOU23男子表彰台。左から徳田優(鹿屋体育大学)、優勝した小林海(Team KUOTA C.PAULINO)、3位の松本祐典(明治大学) Photo: Shusaku MATSUO

悪天候で2周回短縮

 コースは悪天候の影響により2周回短縮され、8周回、95.2kmで争われた。コースは前半に1.5kmの上りがあり、海岸線沿いの暴風区間を含む厳しい展開でレースが行われた。

2周目の上りで集団を崩壊させた鹿屋勢の先頭を行く徳田 Photo: Shusaku MATSUO2周目の上りで集団を崩壊させた鹿屋勢の先頭を行く徳田 Photo: Shusaku MATSUO
暴風が吹き付ける海岸線沿いを余裕の表情を見せる小林 Photo: Shusaku MATSUO暴風が吹き付ける海岸線沿いを余裕の表情を見せる小林 Photo: Shusaku MATSUO

 レースは早くも2周目の上りで動きがあった。コース序盤の狭い上り口からペースが上がった集団内で孫崎大樹(早稲田大学)が落車。それをきっかけに小林がペースアップを促し、鹿屋体育大学勢がペースを上げて集団が分裂し、強豪選手が殆ど含まれる17人の集団が形成された。

序盤から17人に絞られた集団 Photo: Shusaku MATSUO序盤から17人に絞られた集団 Photo: Shusaku MATSUO

 17人のメンバーは全員がローテーションを周り、スピードをキープ。小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)や、徳田優(鹿屋体育大学)、岡篤志(弱虫ペダルサイクリングチーム)らが含まれ、後続との差を広げた。後続からはブリッジを試みるも、追いつける選手はいなかった。

小林が最終の上りで仕掛ける

 ラスト3周目に入る前の小さな上りで石井俊平(鹿屋体育大学)が徳田の指示で飛び出すと、小林がすかさずチェックに入る。小橋と徳田、松本祐典(明治大学)と野本空(明治大学)が続き、6人の先頭集団が形成された。後続からは小野寺が単独で追ったが、追いつくことはなかった。

最終周回の上りでアタックする小林と、必死の形相で追う小橋 Photo: Shusaku MATSUO最終周回の上りでアタックする小林と、必死の形相で追う小橋 Photo: Shusaku MATSUO

 石井が脱落し、5人に絞られた先頭集団は野本以外のローテーションでペースを維持した。ラストラップに入ると、直後の上りで小林がアタックを仕掛けた。必死の形相で小橋が追うも、頂上手前で距離が離れた。小林は下りと暴風区間の海岸線を独走。そのままゴールに飛び込み、優勝を果たした。

ドラゴンが中トロを持ったデザインが描かれたヘルメットをアピールし、フィニッシュする小林 Photo: Shusaku MATSUOドラゴンが中トロを持ったデザインが描かれたヘルメットをアピールし、フィニッシュする小林 Photo: Shusaku MATSUO

 後続は松本と徳田が冷静に小林を見送り、オールアウトした小橋をパス。2位争いのスプリントは徳田が制し、松本は3位でフィニッシュした。

小林「2冠は自信」

2位争いは「渾身のスプリントだった」と話した徳田が制した Photo: Shusaku MATSUO2位争いは「渾身のスプリントだった」と話した徳田が制した Photo: Shusaku MATSUO

 小林は「アタックを仕掛け、決まった最終回の上り頂上で勝ちを確信した。海岸線の平地では差は開くと思っていた」とレースを振り返り、「全日本選手権タイトルを2冠できたことは自信になった。今はすでにシーズン後半のスペインでのレースに注視している」と続けた。

 2位だった徳田は「いいレースができたと思う。苦手なスプリントでは2位になれて良かった」と話し、結果に納得していた。

 優勝した小林は、現在スペインを拠点としている選手。5月中旬のスペインでのレースでハイスピードの落車をし、肘と手を骨折しての参戦だった。小林は「ナショナルチームの活動を早めに切り上げ、全日本に向けて調整できたことが勝因だった」とも話した。

できる限りのスプリントをみせた徳田 Photo: Shusaku MATSUOできる限りのスプリントをみせた徳田 Photo: Shusaku MATSUO
3位に入った松本 Photo: Shusaku MATSUO3位に入った松本 Photo: Shusaku MATSUO

 1位から4位までU23ナショナルチーム勢が入り、海外遠征での経験を生かした選手が上位を占めた。小林、徳田、松本、小橋らは「脚がある選手が序盤から先頭集団でレースを展開し、良いレースができた」と口を揃えて語り、レースの展開を振り返っていた。

U23男子結果
1 小林海(Team KUOTA C.PAULINO) +2時間38分58秒
2 徳田優(鹿屋体育大学) +1分3秒
3 松本祐典(明治大学) +1分5秒
4 小橋勇利(シマノレーシング) +3分2秒
5 小野寺玲(宇都宮ブリッツェン) +3分6秒

この記事のタグ

全日本ロード2016

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載