完走7人 強風のサバイバルレースチャンピオンジャージにこだわった與那嶺恵理が会心のアタックで2冠 全日本女子ロード詳報

by 福光俊介 / Syunsuke FUKUMITSU
  • 一覧

 東京都大島町で開催中の全日本自転車競技選手権ロードレースは、大会2日目の6月25日午後から女子エリートロードレースを実施。リオデジャネイロ五輪の選考に大きくかかわり、注目度が高かったレースを制したのは與那嶺恵理(ハーゲンスベルマン・スーパーミント サイクリングチーム)。前日の個人タイムトライアルで圧勝し「チャンピオンジャージを獲得することだけを目指してきた」と自信と勢いを持って臨んだロードでも強さを発揮。3年ぶりのロード・TTの2冠を達成した。

表彰台の中央で笑顔を見せる與那嶺恵理。左は2位の萩原麻由子、右は3位の梶原悠未 Photo: Syunke Fukumitsu表彰台の中央で笑顔を見せる與那嶺恵理。左は2位の萩原麻由子、右は3位の梶原悠未 Photo: Syunke Fukumitsu

ラスト800mは全力で

 独走でフィニッシュ前へと現れた與那嶺。残り100mを切ったあたりで勝利を確信したのか、胸に両手をあて、そして高々とガッツポーズ。抑えられない興奮をフィニッシュポーズで表現してみせた。

 残り1kmポイントをすぎて迎える左コーナー。ここをクリアすると、ラスト800mはフィニッシュラインまでほぼ一直線。勝負を決めるには長いストレートだが、與那嶺は見事にウイニングロードに変えた。

ラスト1kmで萩原を振り切った與那嶺恵理 Photo: Shusaku MATSUOラスト1kmで萩原を振り切った與那嶺恵理 Photo: Shusaku MATSUO
武井亨介コーチと喜びを分かち合う與那嶺恵理 Photo: Shusaku MATSUO武井亨介コーチと喜びを分かち合う與那嶺恵理 Photo: Shusaku MATSUO

 フィニッシュ後のインタビューで、「ラスト800mはどんな状況でも全力で走ろうとコーチと決めていた」とコメントした與那嶺。たとえライバルにピッタリとマークされていたとしても、最後は力を出し切ろうと武井享介コーチと申し合わせをしていた。

 ミーティング通りに走り、そして最大のライバルである萩原麻由子(ウィグル・ハイファイブ)を突き放したのだった。

萩原のペースアップで活性化

 11.9kmの周回コースを9周、107.1kmで争われた女子エリート・ロードレース。前回王者の萩原、3年ぶりの女王返り咲きを狙う與那嶺、ジュニア時代に無敵を誇り満を持してエリートに昇格した梶原悠未(筑波大学)など、実力者がすべて顔をそろえた。前日の個人タイムトライアルでは、與那嶺が2連覇を果たし、梶原、萩原の順で続いた。ロードレースもこの3人が中心に展開するものと見られた。

レース前、集中した表情の萩原麻由子 Photo: Shusaku MATSUOレース前、集中した表情の萩原麻由子 Photo: Shusaku MATSUO
スタート前に集中する與那嶺恵理 Photo: Shusaku MATSUOスタート前に集中する與那嶺恵理 Photo: Shusaku MATSUO
スタートを切るエリート女子の集団 Photo: Shusaku MATSUOスタートを切るエリート女子の集団 Photo: Shusaku MATSUO

 序盤は古山稀絵(日本体育大学)や中井彩子(鹿屋体育大学)が単独で先頭を走ったが、集団はそれを静観。やがて飛び出した選手が集団に戻ってしまう格好となり、実質は大きな動きなく進行した

1周目に飛び出した古山稀絵(日本体育大学) Photo: Shusaku MATSUO1周目に飛び出した古山稀絵(日本体育大学) Photo: Shusaku MATSUO
中盤で転倒し集団から遅れた金子広美 Photo: Shusaku MATSUO中盤で転倒し集団から遅れた金子広美 Photo: Shusaku MATSUO

 波乱が起きたのは4周目。五輪選考対象の1人である金子広美(イナーメ信濃山形)が海沿いを走行中に強い風に飛ばされ落車。集団から大きく遅れをとってしまい、最終的にリタイアに終わってしまった。

序盤は先頭を引く場面が多かった與那嶺恵理 Photo: Shusaku MATSUO序盤は先頭を引く場面が多かった與那嶺恵理 Photo: Shusaku MATSUO

 集団は4周目に入り萩原が前方に立ったことで全体がペースアップ。長く続く上りと強い風が影響し、次々と遅れ始める選手が現れる。力のある選手だけが勝負に残ることを許される格好となった。

 1人、また1人と遅れていき、集団は7人にまで数を減らした。残り2周に入り、上りのペースアップから先頭は萩原、與那嶺、梶原、そして牧瀬翼(ASAHI MUUR ZERO)の4人に絞られた。

コースは海岸線上の強風のなかで争われた Photo: Shusaku MATSUOコースは海岸線上の強風のなかで争われた Photo: Shusaku MATSUO
サバイバルレースの様相を呈し、多くの選手がリタイアした Photo: Shusaku MATSUOサバイバルレースの様相を呈し、多くの選手がリタイアした Photo: Shusaku MATSUO

サバイバルを生き残った2人

2位でフィニッシュした萩原 Photo: Shusaku MATSUO2位でフィニッシュした萩原 Photo: Shusaku MATSUO

 そのまま4人でラスト1周の鐘を聞く。萩原が先頭、それを與那嶺がピッタリとマーク。梶原、牧瀬のペダリングも力強い。そして上りでペースアップがかかると、萩原と與那嶺が抜け出した。梶原、牧瀬も追う姿勢を見せるが、少しずつその差は広がっていき、残り2km地点で30秒差に。日本チャンピオンをかけた戦いは、與那嶺と萩原の2人に絞られた。

 ここ数年、ロード・TTともに勝敗を分け合ってきた両者の勝負は、「ラスト800mは全力で」との武井コーチとの約束を実行した與那嶺に軍配が上がった。萩原は5秒差、3位争いは梶原が先着し55秒差でフィニッシュ。牧瀬は4位だった。

ジロ・ローザ、そして五輪へ

 2日連続で会心の勝利を挙げた與那嶺。フィニッシュ直後、表彰式、その後のインタビューと笑顔がはじけた。

ナショナルジャージを着て金メダルをかけた與那嶺 Photo: Syunsuke FUKUMITSUナショナルジャージを着て金メダルをかけた與那嶺 Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 とにかく日本チャンピオンジャージを獲得することにこだわっていたのだという。今シーズンからアメリカ籍のチームに加入し、ツアー・オブ・カリフォルニアなどのメジャーレースを経験してきた。「海外で走るうえで、チャンピオンジャージを着ているのと着ていないのとでは大きく違う。だからこのジャージを獲得することだけを目指してきた」と、表彰式で授与されたチャンピオンジャージを指差しながら語った。

 そのお披露目となりそうなのが、7月1~10日にイタリアで行われるジロ・ローザ。“女性版ジロ・デ・イタリア”と呼ばれ、女子ロードレース界では最高峰のステージレースとも言われるビッグレースへの出場メンバーに選出されたことも明かした。

2位に終わり、表彰台で遠くを見つめる萩原麻由子 Photo: Syunsuke FUKUMITSU2位に終わり、表彰台で遠くを見つめる萩原麻由子 Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 さらに、選出が期待されるリオ五輪についても、「選考基準を満たすことができたのでうれしい」とこれについても手ごたえをつかんだ様子だ。

 一方、敗れた萩原はフィニッシュ後、さばさばした表情で両親やファンと会話を交わす姿が見られた。表彰式では多くの歓声が飛び、それに笑顔で応えた。レースを終え、個人のニュースレターを通じ「自分の今のコンディションではベストを尽くせたと思います。その結果なので、負けてしまったものの悔いはありません。前回のロンドン五輪から4年間、やるべきことはやって、今日まできました。結果的に代表選手の選考会で負けてしまったので、あまり成功とは言えないけど、日本のリオ五輪出場枠を取ることができたことなどを踏まえて、これが自分の精一杯と思える1日でした」とのコメントを残した。

※レースの詳報に関して、一部事実と異なる部分がありましたので、訂正します

女子エリート・ロードレース結果
1  與那嶺恵理(ハーゲンスベルマン・スーパー ミント プロサイクリングチーム) 3時間33分01秒
2  萩原麻由子(ウィグル・ハイファイブ) +05秒
3  梶原悠未(筑波大学) +55秒
4  牧瀬翼(ASAHI MUUR ZERO) +57秒
5  坂口聖香(パナソニックレディース) +5分03秒
6  樫木祥子(ニールプライド南信スバル) +7分14秒
7  合田祐美子(BH ASTIFO) +9分16秒
(完走7人)

この記事のタグ

全日本ロード2016

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載