ラファが手掛けるグローバルイベント世界中の女性サイクリストが100kmに挑戦「Rapha Women's 100」 7月17日に開催

  • 一覧

 女性サイクリストたちが100kmのライドに挑戦する「Rapha Women’s 100(ラファ ウィメンズ ハンドレッド)」が7月17日、世界各国で開催される。自分ひとり、あるいは仲間を募るなど参加スタイルは問わず「100kmに挑戦」を目的とする、いわゆる自己申告制のライドイベント。グループライドとして国内各地で開催されるイベントに加わって仲間を見つけたり、自らライドイベントを企画することも可能で、自分に合った楽しみ方を見つけられるイベントとして注目を集めている。

ラファ ウィメンズ ハンドレッド (ラファ・ジャパン提供)ラファ ウィメンズ ハンドレッド (ラファ・ジャパン提供)

自発的なライドイベントも全国各地で発足

達成賞のワッペンとなる 「Women's 100」ロゴ (ラファ・ジャパン提供)達成賞のワッペンとなる 「Women's 100」ロゴ (ラファ・ジャパン提供)

 「ラファ ウィメンズ 100」は世界の女性サイクリストに対して「100kmライドへの挑戦」を促すことを目的としたイベントで、ラファの女性社員の発案から2013年にスタートした。参加形態は自由で、事前にラファ公式サイト「ウィメンズ 100」のページからエントリーし、当日100kmを走り、その結果を申告すればもれなく特製ロゴワッペンが贈られる。

2015年に神奈川で開催された「Rapha Womens 100」2015年に神奈川で開催された「Rapha Womens 100」

 スタイルを問わない自由さと、世界各国で同日開催されるというユニークさから人気が高まっており、2015年は全世界で8000人を超える女性サイクリストが参加するイベントとなっている。

 国内でも年々参加者が増えており、2105年は全国15カ所でライドイベントが自発的に企画された。前年に同イベントで100kmを走破した女性サイクリストがビギナーの女性をけん引するグループもあり、女性サイクリスト同士の輪を広げる場にもなっている。

 今回も全国各地でライドイベントが企画されており、ラファのオフィシャルライド(関東:伊豆下田、関西:淡路島)を含め、6月24日時点で15カ所ほどの開催が予定されている。各地のライドリーダーが設けたコースはバラエティに富んでおり、最寄りのイベントに参加するのはもちろん、走ってみたいエリアや難易度など、コースプロフィールから選んで参加することもできる。また、近くでライドがない場合にはグループライドを企画することも可能だ。

 また「ウィメンズ 100」に連動し、女性サイクリストによる女性サイクリストが100kmを走るためのアドバイス記事も公開中。イベント当日に向けてのビルドアップを楽しみながら行うためのヒントが紹介されている。

■Rapha Women’s 100

開催日:7月17日(日)
エントリー:Rapha Women’s 100 エントリーページ
「Rapha Women’s 100」の写真を見る:Instagram #womens100

この記事のタグ

ラファ・ジャパン 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載