植物や歴史的建造物が見どころ500円分の商品券付きレンタサイクルが人気 和歌山・高野町「魅力、再発見して」

  • 一覧
高野町観光協会が今年も始めたレンタサイクル(山田淳史撮影)高野町観光協会が今年も始めたレンタサイクル(山田淳史撮影)

 和歌山県高野町観光協会が昨年から始めた商品券付きのレンタサイクルが人気を集めている。1000円の利用料金で、高野山の植物や歌碑などを紹介した冊子と、500円分の商品券がセット。同協会は「自転車に乗って風を感じながら、高野山の魅力を再発見してもらえれば」とPRしている。

 同町内には金剛峯寺や壇上伽藍(がらん)など多くの歴史的建造物があるが、他にもさまざまな魅力があることを知って、町内でゆっくりと過ごしてもらおうとレンタサイクルを企画。

 昨年は4月初旬から11月末まで実施したところ、約800台の利用があった。町内を紹介する冊子のほか、飲食店や土産物店など約50店舗で使用できる500円分の商品券も好評で、同協会は「経済波及効果につながった」と手応えを話す。

 レンタサイクルは計20台を用意。午前9時から受け付けており、午後4時半までに同協会へ自転車を戻す。問い合わせは同協会(電)0736・56・2468。

産経ニュースより)

この記事のタグ

レンタサイクル/バイクシェアリング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

Cyclist TV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載