大会・イベント情報2012源平合戦をMTBダウンヒルで再現 石段を駆け下りる「須磨寺一騎打ち」11月24日開催

  • 一覧

 源平合戦ゆかりの名刹、須磨寺(神戸市須磨区)の境内を舞台に、急斜面を一騎打ちで駆け下りるMTBダウンヒルレースが11月24日に開催される。その名も「須磨寺一騎打ち」。中世の合戦をテーマに演出される、まったく新しいスタイルのレースだ。
 

 
 コースは六甲山系に位置する須磨寺奥の院をスタートし、寺の入り口にあたる仁王門までの約500m。急な石段と山の斜面が組み合わされた、難易度の高いレイアウトだ。ワールドカップで活躍する日本のダウンヒル女王、末政実緒選手らが運営やコース設定のアドバイザーを務めている。

スタート地点となる須磨寺奥の院スタート地点となる奥の院
「須磨寺一騎打ち」のコース図「須磨寺一騎打ち」のコース図
ゴール地点となる仁王門ゴール地点となる仁王門
境内の階段を2台で競うように駆け下りる。まさに”一騎打ち”(写真はイメージ)境内の階段を2台で競うように駆け下りる。まさに”一騎打ち”(写真はイメージ)

 レースは32人のエリートライダーが一騎打ち(1対1)のデュアルレース形式で競う完全トーナメント制。実力や実績によるカテゴリーを設けないため、トップライダー同士が1回戦から激突する可能性もあり、くじ運も勝利の条件になる。

 また、選手を16人ずつ源氏と平氏に振り分け、合計ポイント数を競う「源氏対平氏団体戦」も行われる。

 須磨寺一騎打ちは「歴史×スポーツ」をコンセプトとする、新しいスポーツツーリズムの形として企画された。NHK大河ドラマ「平清盛」によって源平の戦いに注目が集まる中、MTBレースに源平合戦を彷彿させる団体戦を盛り込むことで、新しいスポーツエンターテインメントの創造を目指している。

 レースを企画している「逆落とし実行委員会」には、須磨寺の小池弘三貫主らが名を連ねる。同委員会は2013年冬、須磨・鉢伏山を舞台とするダウンヒル特別レース「逆落とし The Purler Race」の開催も企画している。

 ■「須磨寺一騎打ち」開催概要
主催: 逆落とし実行委員会
協力: 須磨寺(正式名:上野山福祥寺)、寿楼
日時: 2012年11月24日(土) 10:30~15:00
会場: 須磨寺(兵庫県神戸市須磨区須磨寺町4丁目6-8)
競技形式: ①1対1(一騎打ち)による完全トーナメント制 ②源氏チーム 対 平氏チームによる団体戦
参加ライダー: 32名(先着順)
参加資格: プロアマ問わず、中学生以上の男女。ダウンヒル・レース経験者
参加費: 6,000円
大会詳細URL: http://kokucheese.com/event/index/57748/

関連記事

この記事のタグ

MTBレース ダウンヒル

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載