バイクインプレッション2016「JAMIS XENITH COMP」 推進力が高く、踏み味が軽い堅牢な万能レーサー

  • 一覧

 アメリカのバイクブランド、ジェイミスは北米南米を中心にレース活動をしているコンチネンタルチーム「TEAM JAMIS SUTTER HOME」を機材サポートをしている。チームが信頼を寄せているバイクが、今回試乗した「ゼニス」だ。カーボン内部の空隙を排除するNEARnet SPV製法で造り上げられたフレームは、高剛性、軽量、高耐久性を誇る最高峰のレースモデル。極太シートチューブ、高剛性ヘッド&フォーク、SSTの剛性バランスは、ダッシュが多いクリテリウムに最適という。

JAMIS XENITH COMP(ジェイミス ゼニスコンプ)Photo: Masami SATOUJAMIS XENITH COMP(ジェイミス ゼニスコンプ)Photo: Masami SATOU

JAMIS XENITH COMP(ジェイミス ゼニスコンプ)
価格:270,000円(完成車、税抜)
サイズ:48、51、54、56、58、61
カラー:Breakaway Grey
問い合わせ先:ジェイミス・ジャパン  http://www.jamis-japan.com

スペック

フレーム:Jamis Road Dyad Plus T700/FRP Monocoque Carbon Fiber Frame
フォーク:Jamis Road carbon composite fork
変速機:シマノ・105(F)&(R)
ギヤ:シマノ・105 50×34T、 12-25T(11s)
ホイール:Alex AT 470 rim with TCS with CNC sidewalls
※試乗ホイールは異なる
重量:7.90kg(54サイズ完成車実測値)

トップチューブの上端はくびれがあり、ヘッドチューブとともに高剛性な仕上がりだ Photo: Masami SATOUトップチューブの上端はくびれがあり、ヘッドチューブとともに高剛性な仕上がりだ Photo: Masami SATOU
前三角のボリュームに対し、細身のしなやかなシートステー Photo: Masami SATOU前三角のボリュームに対し、細身のしなやかなシートステー Photo: Masami SATOU
BB後ろから伸びる太いチェーンステー。ブレーキアーチはここに取り付けられる設計だ 前三角のボリュームに対し、細身のしなやかなシートステー。 Photo: Masami SATOUBB後ろから伸びる太いチェーンステー。ブレーキアーチはここに取り付けられる設計だ 前三角のボリュームに対し、細身のしなやかなシートステー。 Photo: Masami SATOU

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU

米山 ジェイミスのゼニスシリーズは3グレードあって、フレームのルックスはすべて共通ながら、素材やカーボンの積層を変えることで、味付けもそれぞれ異なっているという。今回試乗したのは最も価格を抑えられた「ゼニスコンプ」だけど、どうだった?

松尾 初見のイメージは、極太のシートチューブがしっかりとした走りを予感させるバイクでした。乗ってみると、予想通りがっちりとしていて、脚が疲れるほどの剛性を感じさせないのに、バイクを押し出そうとする推進力がかなり高かったです。振りも軽く、マッチョな車体を感じさせないところは好印象でした。

米山 うん。踏み出しが軽くて良かった。スピードが乗ってからも軽い踏み味で、それも適度な引っかかりのある滑らかなさがあって、心地よくペダルを回すことができた。

松尾 これまでの試乗バイクを振り返っても推進力は随一でしたよ。バイクのセンターに推進力を集中させていて、ちょっと独特ではあるんですが、トップチューブとダウンチューブは過剛性でないため、バランスが取り扱いやすいです。

米山 突っ込んで乗るというよりは、しっかり座って踏んでいく方が進む印象。また、ルックスに反して乗り心地も良くて、ロングライドにも相性が良さそうだった。

松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU

松尾 快適性が意外と良かったですね。フロントフォークが素晴らしくて、どんなシチュエーションでも活躍できるでしょう。今回は105仕様のモデルでしたが、素性がとても良かったので、ハイグレードのゼニスも試してみたくなりました。

米山 このグレードでも高バランスで、ロードサイクリングからレースまで、シーンを選ばずに使える印象だったから、上位モデルはさらにレーシーに乗れるだろうと期待させるね。

松尾 そうですね。上りは推進力を生かして上れます。トップチューブなどが硬すぎないので、ダンシングもラクです。下りはフォークの良さが生き、どんなコースとの相性も良いでしょう。派手さはないですが、堅実で堅牢な結果を出せるバイクだと思います。

(編集 齋藤むつみ)

Photo: Masami SATOUPhoto: Masami SATOU

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

20~30万円のロードバイクジェイミス(Jamis)のロードバイク

20~30万円 カーボン ジェイミス バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載