【Teamユキヤ通信】ツール・ド・スイス 第8ステージ新城幸也、個人TTは不完全燃焼 最終日は「ルイのステージ優勝を狙って攻撃あるのみ」

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 新城幸也(ランプレ・メリダ)が出場するツール・ド・スイス第8ステージは6月18日、標高1650mの高地での個人タイムトライアル(TT)が行われ、新城は優勝のヨン・イサギレ(スペイン、モビスター チーム)から3分6秒差の区間117位だった。総合首位はミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ プロチーム)となっている。

個人タイムトライアルを​スタートする新城 Photo: Miwa IIJIMA個人タイムトライアルを スタートする新城 Photo: Miwa IIJIMA

 やや不完全燃焼に終わった新城はレース後、次のようにコメントした。

スタート前にポジションを気にする新城 Photo: Miwa IIJIMAスタート前にポジションを気にする新城 Photo: Miwa IIJIMA

 「マシンのポジションが出せていなかった。標高のせいなのか呼吸が苦しく感じ、まったくリズムを掴めず終わってしまった。ルイ(チームエースのルイ・コスタ)も総合10位で(首位とのタイム差が)2分以上離れているので、最終日はチームとしてルイのステージ優勝を狙って攻撃あるのみ。それを助ける走りができたらと思う」

 最終日となる第9ステージは、2回の超級山岳を越える117.7kmで行われる。朝から冷たい雨が降る中、総合の逆転を狙うチームが攻撃を仕掛ける激しいレースとなることが予想される。

この記事のタグ

ツール・ド・スイス2016 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載