title banner

旅サイクリスト昼間岳の地球写真館<27>4000mの山脈を駆け下りキルギスへ 草原に寝転がって味わう自転車旅の充実感

by 昼間岳 / Gaku HIRUMA
  • 一覧
パミールハイウェイ最高のアク・バイタル峠(4655m)を目指す Photo: Gaku HIRUMAパミールハイウェイ最高のアク・バイタル峠(4655m)を目指す Photo: Gaku HIRUMA

【2014年9月中旬から下旬】キルギス オシュ

 中央アジアのタジキスタンからキルギスへ延びるパミールハイウェイは過酷で美しい道だった。

 タジキスタンでは荒々しい自然に圧倒されたが、国境の峠を越えキルギスに入ると一気に山を駆け下り、風景が一変する。

湿原のほとりにあるムルガーブは久しぶりの村だ Photo: Gaku HIRUMA湿原のほとりにあるムルガーブは久しぶりの村だ Photo: Gaku HIRUMA

 走ってきた道を振り返ると、越えてきた4000mもの山脈が雪をたたえてそびえ立ち、進む先には穏やかな草原が広がっている。久しぶりに高地を脱出し、草原に寝転がる。草のにおいや空気の濃さ、米が美味しく炊けるだけでもいちいち感動を覚える。こういう時に感じる充実感は自転車旅ならではだと思う。

 その後はいくつか峠はあるものの、渓谷伝いに緩やかに下っていく道だ。

 草原のなかを野生の馬が颯爽と走り、キルギスの伝統の帽子を被ったお爺さんが、歩くのとほとんど変わらない速さのロバに跨がり過ぎて行く。

 ここでは全てがゆっくりと流れていた。

キルギスでは一気に自然が穏やかになる Photo: Gaku HIRUMAキルギスでは一気に自然が穏やかになる Photo: Gaku HIRUMA
大自然の中で出会う人はみんな本当にいい顔してる Photo: Gaku HIRUMA大自然の中で出会う人はみんな本当にいい顔してる Photo: Gaku HIRUMA

昼間岳昼間岳(ひるま・がく)

小学生の時に自転車で旅する青年を見て、自転車で世界一周するという夢を抱いた。大学時代は国内外を旅し、卒業後は自転車店に勤務。2009年に念願だった自転車世界一周へ出発した。5年8カ月をかけてたくさんの出会いや感動、経験を自転車に載せながら、世界60カ国を走破。2015年4月に帰国した。ブログ「Take it easy!!

この記事のタグ

旅サイクリスト昼間岳の地球写真館

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載