子供らには「くまモン」チャイルドヘルメットもずやん、特注ヘルメット姿で自転車保険加入訴え 大阪府が「自転車安全フェア」

  • 一覧

 7月に施行される大阪府自転車条例を周知するための「大阪府自転車安全フェア」(大阪府主催)が6月17日、大阪府吹田市のエキスポシティで開かれた。イベントには過去に自転車で大けがをした安田大サーカス安田団長やシャ乱Qまことさんも出演。自身の経験からヘルメット着用や自転車保険の大切さを訴えた。(岡田由佳子)

「もずやん」に巨大な特注ヘルメットを贈呈 Photo:Yukako Okada「もずやん」に巨大な特注ヘルメットを贈呈 Photo:Yukako Okada

 大阪府では7月1日から、自転車条例に自転車保険の加入義務化が追加される。平成27年度の自転車関連交通事故の死者数は50人で、前年比16人増。こうした事態に対し、加害者も被害者も保証されるようにするのが狙いだ。

自転車保険加入を呼びかけた松井一郎大阪府知事 Photo:Yukako Okada自転車保険加入を呼びかけた松井一郎大阪府知事 Photo:Yukako Okada
マスコットキャラクターも登場して行われた「大阪府自転車安全フェア」(Kabuto提供)マスコットキャラクターも登場して行われた「大阪府自転車安全フェア」(Kabuto提供)

 会場には平日ながら、子供からお年寄りまで大勢の観客が詰め掛けた。あいさつに立った松井一郎府知事は、「事故は年々増えており、加害者になれば破産して生活できなくなる人もいる。加害者も被害者も、両者にとって手厚い保証になる自転車保険の必要性を理解し、加入に協力してほしい」と呼びかけた。

子供らにはくまモンをあしらったチャイルドヘルメットが贈られた(Kabuto提供)子供らにはくまモンをあしらったチャイルドヘルメットが贈られた(Kabuto提供)

 自転車死亡事故の8割が頭部損傷によることから、イベントではヘルメット着用の必要性もテーマに。「広報リーダー」である府の公式マスコットキャラクター「もずやん」に国内ヘルメットブランド大手のKabuto(カブト)から巨大な特注ヘルメットが贈られた。また、熊本の震災復興支援の一環として、大阪府や熊本県の子供たちには「くまモン」をあしらったかわいらしいチャイルドメット1000個も贈られた。

 自転車安全教室では安田団長とまことさんが自身の自転車事故体験について紹介。安田団長は、「自動車のドアが開いて乗り上げてしまったのが一つ、トライアスロンで転倒して集中治療室がゴールだった。いずれもヘルメットが僕の命を守ってくれた」と語ると、観客は真剣な表情で聞き入っていた。

イベントで行われた「交通安全教室」にはシャ乱Qのまことさんも登壇 Photo:Yukako Okadaイベントで行われた「交通安全教室」にはシャ乱Qのまことさんも登壇 Photo:Yukako Okada
イベントには交通安全啓発ドロイド「ケッタマン」(中央)の姿も(Kabuto提供)イベントには交通安全啓発ドロイド「ケッタマン」(中央)の姿も(Kabuto提供)

 イベントでは条例の柱である「自転車保険の加入義務化」「自転車の安全利用」「交通安全教育の充実」「交通ルールマナーの向上」を訴えるため、実演を交えた○×クイズや抽選会も行われ、会場は大いに盛り上がっていた。

この記事のタグ

オージーケーカブト セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

Cyclist TV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載