新製品情報キャニオンが新型「エンデュレースCF SLX」を発売 油圧ディスクブレーキ採用

  • 一覧

 ドイツのバイクブランド「Canyon」(キャニオン)が、エンデュランス系ロードバイク「ENDURACE」(エンデュレース)をモデルチェンジした「エンデュレースCF SLX」を発売した。完成車6モデルの展開で、女性向けのWMNもラインナップされている。

ハイエンドモデルのキャニオン「エンデュレースCF SLX 9.0 SL」 ©Canyon Bicycles ハイエンドモデルのキャニオン「エンデュレースCF SLX 9.0 SL」 ©Canyon Bicycles

激坂や向かい風で実力を発揮

新型の「エンデュレースCF SLX」 ©Canyon Bicycles新型の「エンデュレースCF SLX」 ©Canyon Bicycles

 エンデュレースCF SLXは、より遠くまでより速く、快適で安全に走りきれるバイクを目標に開発された。150km走った後に現れる激坂、テクニカルなダウンヒル、平坦での強烈な向かい風など、難しい状況でバイクの実力を体感できる。

 フレームは腰や背中、肩の疲労を軽減する「スポーツジオメトリー」を採用している。アップライトなポジションからアグレッシブなポジションまで、幅広いフィッティングが可能だ。

ステム一体型ハンドルバーを搭載

ステム一体型ハンドルバーの「H31 エルゴコクピット」 ©Canyon Bicyclesステム一体型ハンドルバーの「H31 エルゴコクピット」 ©Canyon Bicycles

 サドル、シートポストと同じくライダーの荷重がかかるコックピットには「H31 Ergocockpit(エルゴコクピット)」を開発した。エアロロード「Aeroad(エアロード)CF SLX」に搭載されたステム一体型ハンドルバーをもとに、快適性、剛性、軽さのバランスが調整され、垂直方向の振動を軽減する。

 ブレーキは油圧ディスクブレーキを採用。アクスル径は前後とも12mmスルーアクスルで、ホイールとフレームの連結が強固で安定したものとなり、ディスクブレーキの制動力を確実に受け止める。その制動力をより発揮できるよう、トラクション性能に優れる28mm幅のタイヤを装備している。フォークとフレームのタイヤクリアランスは最大32mm(スリックタイヤ)。

油圧ディスクブレーキを採用。ローター径は前後とも160mm ©Canyon Bicycles油圧ディスクブレーキを採用。ローター径は前後とも160mm ©Canyon Bicycles
 「エンデュレースCF SLX」のタイヤクリアランス ©Canyon Bicycles 「エンデュレースCF SLX」のタイヤクリアランス ©Canyon Bicycles

 ディスクブレーキ用フレームは、フォークブレード先端にブレーキ制動に伴う大きな荷重がかかるため、カーボンのレイアップを増やし補強が必要となる。しかし設計上の工夫によりフォーク重量は325gに抑えられている。

 また、ブレーキの発生する熱がフレームに伝わる考慮し、マウントボルトに熱伝導の低いステンレススチール製を採用し、ブレーキをマウントする左フォークブレード、左リアトライアングルの熱耐性を強化。これらの工夫を凝らしながらもフレーム重量はMサイズで820gと軽量だ。

柔軟にしなるシートポスト

 路面の凹凸や振動による垂直方向の動きを減衰させるため、リーフスプリング形状の「VCLS2.0シートポスト」が開発された。サドルが常に角度を保ったまま可動する構造により快適さを保つ。セットバックはS15とS14の2種類があり、カーブの大きいS15の方がより柔軟にしなる構造となっている。

女性向けモデル 「エンデュレースCF SLX 8.0 Di2」 ©Canyon Bicycles女性向けモデル 「エンデュレースCF SLX 8.0 Di2」 ©Canyon Bicycles
垂直方向の振動を軽減するVCLS2.0シートポストとシートチューブオフセット ©Canyon Bicycles垂直方向の振動を軽減するVCLS2.0シートポストとシートチューブオフセット ©Canyon Bicycles

 シートチューブを前方へとオフセットさせてトップチューブ長を短縮することで、サドルが必要以上に後退することなく、最適なポジションが保たれる。また、可動域の多いフレーム一体型シートポストクランプも快適性を高めている。

重量比剛性と空力性能を両立

軽量なカーボン製ダミーを用いたウィンドトンネルテスト ©Canyon Bicycles軽量なカーボン製ダミーを用いたウィンドトンネルテスト ©Canyon Bicycles

 フレーム形状の設計時、空力性能を向上させると、フレーム剛性が低がったり重量が増えたりしてしまう。旧型では重量比剛性を重視したため、フレーム断面はボックス形状となっていたが、新型では重量比剛性と空力性能を両立することに成功した。

 前方からの風に対して大きく露出するダウンチューブ、フォーク、コクピットの空力性能を向上させる一方、それによるねじれ剛性低下を補うため、空力性能の影響を受けにくいトップチューブなどはねじれ剛性を増強させ、全体に高性能なフレーム形状となった。

エンデュレース CF SLX 9.0 SL
税抜価格:72万2000円
コンポ:シマノ・デュラエースDI2
ホイールセット:MAVIC KSYRIUM PRO CARBON SL CL DISK BRAKE
重量:7.3㎏

エンデュレース CF SLX 9.0 DI2
税抜価格:63万3000円
コンポ:シマノ・デュラエースDI2
ホイールセット:DT SWISS RR 21 DICUT CL DISK BRAKE
重量:7.3㎏

エンデュレース CF SLX 9.0
税抜価格:52万7000円
コンポ:シマノ・デュラエース
ホイールセット:DT SWISS RR 21 DICUT CL DISK BRAKE
重量:7.2㎏

エンデュレース CF SLX 8.0 DI2 WMN
税抜価格:52万7000円
コンポ:シマノ・アルテグラDI2
ホイールセット:DT SWISS RR 21 DICUT CL DISK BRAKE
重量:7.35㎏

エンデュレース CF SLX 8.0 DI2
税抜価格:52万7000円
コンポ:シマノ・アルテグラDI2
ホイールセット:DT SWISS RR 21 DICUT CL DISK BRAKE
重量:7.4㎏

エンデュレース CF SLX 8.0
税抜価格:44万1000円
コンポ:シマノ・アルテグラ
ホイールセット:DT SWISS RR 21 DICUT CL DISK BRAKE
重量:7.4㎏
※価格は全て梱包、配送代などは別

この記事のタグ

50万円以上のロードバイクキャニオン(Canyon)のロードバイクキャニオン(Canyon)のロードバイク|50万円以上

50万円~ キャニオン ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

Cyclist TV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載