クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ2016 第5ステージフルームのアタックが炸裂 ステージを制しマイヨジョーヌも獲得

by 福光俊介 / Syunsuke FUKUMITSU
  • 一覧

 7月のツール・ド・フランス前哨戦として注目を集める「クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ」(UCIワールドツアー)は6月10日、第5ステージが行われ、終盤の上りでアタックを成功させたクリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ)がステージ優勝。総合首位のマイヨジョーヌを着るアルベルト・コンタドール(スペイン、ティンコフ)は失速しステージ5位。この結果、フルームにリーダージャージが移った。日本人選手唯一の出場となっている別府史之(トレック・セガフレード)は157位でフィニッシュしている。

ライバルを振り切りステージ優勝を果たしたクリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ) Photo: Yuzuru SUNADAライバルを振り切りステージ優勝を果たしたクリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ) Photo: Yuzuru SUNADA

 このステージから最終日の第7ステージまでは、頂上フィニッシュが続く山岳3連戦。ラ・ラヴォワールからヴォジャニーまでの140kmは、序盤からカテゴリー山岳が連続して登場。最後は2級山岳を上ってフィニッシュラインを迎える。

 最大で25選手が先行し、メーン集団も射程圏内に留めながら進んだことから、レースは終始ハイペース。やがて先頭グループから5選手が抜け出し、逃げ切り勝利を狙った。

ダイエルウベルネイ・キンタナ(左)を振り切ろうとするエンリーコ・ガスパロット Photo: Yuzuru SUNADAダイエルウベルネイ・キンタナ(左)を振り切ろうとするエンリーコ・ガスパロット Photo: Yuzuru SUNADA

 その5人は協調体制を保ちながら、最後の2級山岳へと突入。上り始めてすぐにエンリーコ・ガスパロット(イタリア、ワンティ・グループゴベール)がアタック。これをダイエルウベルネイ・キンタナ(コロンビア、モビスター チーム)がチェックするが、しばらくして振り切られ、ガスパロットの独走が始まった。

 追うメーン集団は、上りに入りミケル・ランダ(スペイン、チーム スカイ)が抜け出し、残り3.5kmでガスパロットをキャッチ。しかし、メーン集団もすぐに合流し、直後にダニエル・マーティン(アイルランド、エティックス・クイックステップ)がアタック。総合優勝候補が軒並みチェックに動き、集団の人数が絞られた。

アタックしたクリストファー・フルーム(右)と最後まで食らいついたリッチー・ポート Photo: Yuzuru SUNADAアタックしたクリストファー・フルーム(右)と最後まで食らいついたリッチー・ポート Photo: Yuzuru SUNADA

 そして残り2.6km。一時は集団の中段から後方を走っていたフルームがここでアタック。コンタドールとリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシングチーム)が続くが、それを見るやギアをもう一段階アップ。ポートは食らいついたが、コンタドールは遅れてしまった。

 フルームとポートは先頭交代をしながらフィニッシュを目指すと、残り1km付近の平坦区間を抜け、フィニッシュ手前の上りでの勝負へ。ラスト250mでフルームが前へ出ると、追い込んだポートをかわしてトップでフィニッシュ。ステージ優勝をすると同時に、21秒差の5位に終わったコンタドールからマイヨジョーヌを奪取した。

 リーダージャージを手放すことになったコンタドールは、フルームのアタックに屈してからマーティンやアダム・イェーツ(イギリス、オリカ・グリーンエッジ)に追いつかれ、結果的に先着を許してしまった。

マイヨジョーヌに袖を通し笑顔のクリストファー・フルーム Photo: Yuzuru SUNADAマイヨジョーヌに袖を通し笑顔のクリストファー・フルーム Photo: Yuzuru SUNADA

 総合トップのフルームから2位のポートまでは7秒差。3位にランクダウンしたコンタドールとは27秒差で第6ステージに臨む。

第5ステージ結果
1 クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ) 3時間32分20秒
2 リッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシングチーム) +1秒
3 アダム・イェーツ(イギリス、オリカ・グリーンエッジ) +19秒
4 ダニエル・マーティン(アイルランド、エティックス・クイックステップ) +19秒
5 アルベルト・コンタドール(スペイン、ティンコフ) +21秒
6 ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール ラモンディアル) +25秒
157 別府史之(トレック・セガフレード) +27分16秒

個人総合
1 クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ) 3時間32分20秒
2 リッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシングチーム) +7秒
3 アルベルト・コンタドール(スペイン、ティンコフ) +27秒
4 ダニエル・マーティン(アイルランド、エティックス・クイックステップ) +37秒
5 ジュリアン・アラフィリップ(フランス、エティックス・クイックステップ) +42秒
6 アダム・イェーツ(イギリス、オリカ・グリーンエッジ) +52秒
152 別府史之(トレック・セガフレード) +55分47秒

ポイント賞
1 エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、ディメンションデータ)

山岳賞
1 ダニエル・テクレハイマノット(エリトリア、ディメンションデータ)

新人賞
1 ジュリアン・アラフィリップ(フランス、エティックス・クイックステップ)

チーム総合
1 チーム スカイ

この記事のタグ

UCIワールドツアー クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ2016

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載