ロードマップも作成B’z稲葉さん実家めぐりにも…坂道多い津山観光に最適、電動アシスト自転車レンタル好調

  • 一覧
観光客らに人気の電動アシスト自転車(中島久仁子撮影)観光客らに人気の電動アシスト自転車(中島久仁子撮影)

 「低炭素都市津山」を目指す岡山県津山市で、新たにレンタサイクルに導入された電動アシスト自転車が人気を集めている。モーターで人力を補助するために疲れにくく、特に坂道が多い同市内の観光には最適という。観光客らからは「長く乗っても疲れない」などと好評を得ている。

 同市は県の「おかやまスマートタウン構想パイロット地域」に指定されており、同自転車は昨年11月、県の補助金を活用して10台を購入。観光に生かしてもらおうと、市観光協会に無償貸与した。

 同自転車は津山観光センター(同市山下)と津山駅前観光案内所(同市横山)、城東観光案内所(同市西新町)の3カ所に配置。フル充電で約40キロの走行が可能で、1日ゆっくり使用できる。利用料金は3時間600円、1日2千円。

 同市では、市出身の人気ロックバンドB’zの稲葉浩志さんの実家や母校を巡る「ロードマップ」も作成されており、全国から訪れたファンが同自転車を活用することも多いという。

 市低炭素都市推進室は「城下町津山を自転車で巡って、まちの魅力を十分に肌で感じてもらいたい」と話している。

産経ニュースより)

この記事のタグ

レンタサイクル/バイクシェアリング

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載