ビギナーには特におすすめマグネット式だから前を見たまま簡単に脱着 「コアラボトル」インプレッション

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 ケージとボトルに装着されたマグネットの力で固定するユニークなシステムを採用した「コアラボトル」の試用インプレッションを行った。固定力や使いやすさを実際のライドで検証。すると、ビギナー目線でとりわけ嬉しいメリットが見えてきた。

磁石の力でホールドする「コアラボトル」 Photo: Naoi HIRASAWA磁石の力でホールドする「コアラボトル」 Photo: Naoi HIRASAWA

視線を落とさず取付可能

マグネティックリングとマグネティックケージは強力に引き合い、ドリングが満載の状態でも固定力を保っていた Photo: Naoi HIRASAWAマグネティックリングとマグネティックケージは強力に引き合い、ドリングが満載の状態でも固定力を保っていた Photo: Naoi HIRASAWA

 まず、取り付けは通常のボトルケージと同じく、2本のボルトでフレームに固定する。ボルト穴は縦方向に長く、取り付け位置を調整できるので、小さいフレームサイズでも干渉せずに取り付けることが可能だろう。

 乗車中にボトルとケージを近づけると、マグネットの磁力で反応し合って下を向かずとも固定の位置がわかる。前方から目を離す必要がないため、安全にボトルの脱着が可能だ。マグネット同士を接触させたら、あとはボトル下部を押し込めばしっかりと固定できた。また、ボトルをケージへ“刺す”のではなく、“押し込む”ので手間取らなかった。

下を見なくてもマグネットで位置が把握でき、てこの原理で簡単に脱着可能 Photo: Shusaku MATSUO下を見なくてもマグネットで位置が把握でき、てこの原理で簡単に脱着可能 Photo: Shusaku MATSUO

 気になる固定力だが、走行中に段差を超えてもボトルが落ちることは皆無だった。取り外す際に、マグネットが付近のボトル上部を持って引っ張っても、固定力が強く外すことは容易ではない。しかし、ボトル下部を握り、てこの原理を生かして持ち上げると簡単に取り外せた。

 コアラボトルはビギナーにこそおススメだろう。視線を落とすことなく、前方を向いたままボトルを手に取り、水分補給が行える。また、筆者はヒルクライムでも試用したが、息も絶え絶え、追い込んで余裕がない中でもボトルを簡単にキャッチできたのは心強かった。

 なお、ボトルに装着されているマグネット「KBマグネティック リングス」は単体での販売もあり、スペシャライズド製のボトル「Big Mouth」と「Purist」に対応。コアラボトル自体のカラーも7色展開され、バイクに合ったカラーコーディネートもできる。

コアラボトル
税抜価格:4200円(ボトル、ケージセット)、3200円(ケージ)、1500円(ボトル)、1300円(KBマグネティック リングス2個)
カラー:グレー、クリアー、グリーン、ブルー、レッド、イエロー、オレンジ
容量:21oz(621ml)、24oz(709ml※グレー、クリアーの2色のみ)

この記事のタグ

アイテム(女性向け) サイクルアクセサリー プロダクトレポート

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

Cyclist TV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載