「全国の皆さんに体感してもらいたい」自転車で鳥取を巡ろう 11月のイベント初開催へ山本隆弘さんらが実行委を設立

  • 一覧
第1回「鳥取すごい!ライド」実行委員会で握手する(左から)榎本武利・岩美町長、山本隆弘さん、深澤義彦・鳥取市長=鳥取市役所第1回「鳥取すごい!ライド」実行委員会で握手する(左から)榎本武利・岩美町長、山本隆弘さん、深澤義彦・鳥取市長=鳥取市役所

 鳥取市と鳥取県岩美町を巡る全長105kmのコースを走る自転車イベントが11月に開かれることになり、6月6日、同市役所で、同市・町や、観光、商工団体などが官民連携で運営にあたる実行委員会が設立された。

 同イベントは「鳥取すごい!ライド」。市の魅力を発信する「シティセールススペシャルサポーター」に委嘱された、鳥取市出身の元バレーボール日本代表、山本隆弘さんが開催を提唱した。

 11月26日の前夜祭に続き、27日にライドを実施。鳥取砂丘をスタート、ゴールに105km、50kmの2コースを設けた。105kmのコースは浦富海岸、雨滝、殿ダム、国府町など鳥取市、岩美町の海や山、歴史と文化の地を回り、途中の休憩所では松葉ガニ、豆腐など地元グルメで参加者をもてなす。

 副実行委員長に就任した山本さんは実行委で「鳥取ならではの自転車イベントを開き、全国の皆さんに鳥取市、岩美町のすばらしさを存分に体感してもらいたい」と挨拶。ライドの運営を支えるサポートライダー、メカニック、休憩所、警備など詳細を部会を設けて詰めることになった。

 同ライドの参加料金は9500円。参加者400人を募集している。

産経ニュースより)

この記事のタグ

イベント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載