梅肉エキス不含有の新製品を発売へ「古式梅肉エキス」など2製品のドーピング禁止物質含有が確定 梅丹本舗が検査結果を発表

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧
梅丹本舗の商品から禁止物質の含有が確認された(河田一成撮影)梅丹本舗の商品から禁止物質の含有が確認された(河田一成撮影)

 サプリメントメーカー「梅丹本舗」をめぐるドーピング禁止物質含有問題で、同社は6月6日、詳しい検査の結果、「古式梅肉エキス」と「トップコンディション」の2商品に世界アンチ・ドーピング機構(WADA)が定める禁止物質「ボルジオン」の含有が確定したと発表した。今後はアスリートへの供給を中止するとともに、注意喚起を記載した上で販売を継続する。また、梅肉エキス不使用の該当商品も新発売することを発表した。

禁止物質不含有の梅肉エキス開発に着手

 この問題は、梅丹本舗がイギリスの調査会社に商品成分のスクリーニング検査を依頼した際、禁止物質のボルジオンが検出されたもので、今回の詳しい検査の結果、古式梅肉エキスから10~20ng/g、トップコンディションから 1~3ng/g(ngは10億分の1g)のボルジオンの検出が確認された。

 これを受け、梅丹本舗は、「古式梅肉エキス」と「トップコンディション」についてはドーピング検査を受ける可能性のあるアスリートへの供給を中止。ただ、一般向けの利用では「含有量も極微量」で「安全性も確認」しているなどとして、販売は継続するという。

 また、梅肉エキスを原材料に使用しつつも禁止物質が検出されていない「梅丹スーパーエキストラゴールド」「梅丹エキストラ ゴールド」、「梅丹」、「サイクルチャージ(CC)」、「サイクルチャージカフェインプラス(CCC)」、「サイクルチャージカフェイン200(CCC200)」の販売も通常通り行っていくとしている。

 今後、原材料に梅肉エキスを使用しないタイプの「クリアプロ」を発売するという。クリアプロは「サイクルチャージ(CC)」、「サイクルチャージカフェインプラス(CCC)」、「サイクルチャージカフェイン200(CCC200)」にラインナップされる。

 梅丹本舗はWADA禁止物質を含有しない古式梅肉エキスの開発を進めると共に、アンチドーピング精神を尊重し、商品の検査結果を毎年公表するという会社の方針を示した。

この記事のタグ

梅丹本舗

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載