ツアー・オブ・ジャパン2016 第8ステージ(東京)日本人選手への期待の表れ、13万人が熱い声援 TOJ東京ステージ

  • 一覧

 ツアー・オブ・ジャパン(TOJ)「東京ステージ」には、雨混じりの空模様ながら約12万8000人(主催者発表)もの観客が詰めかけ、熱い声援を送った。この日は日本人選手の勝利こそなかったものの、前日までの新城幸也(ランプレ・メリダ)らの「快挙」への期待は強烈で、コース周辺は一種の昂揚感に包まれた。

スタート前、ファンのサイン攻勢にもみくちゃにされる新城幸也(ランプレ・メリダ) Photo: Yoshihiko Fukumotoスタート前、ファンのサイン攻勢にもみくちゃにされる新城幸也(ランプレ・メリダ) Photo: Yoshihiko Fukumoto

「TOJなんだから、ぜひ日本人の活躍を」

 スタート地点の東京・日比谷の日比谷公園には、午前11時のスタートの2時間も前から続々と熱心なファンらが集まった。日比谷公会堂前の広場では、次々に到着するチームカーや選手らを取り囲んで撮影する光景が繰り広げられた。

スタート地点に続々到着するチームカーの周囲にはすぐ人だかりが… Photo: Yoshihiko Fukumotoスタート地点に続々到着するチームカーの周囲にはすぐ人だかりが… Photo: Yoshihiko Fukumoto

 千葉市美浜区のサイクルテラス店長、小川浩太郎さん(42)は店番をスタッフに任せ、応援に駆け付けた。イチオシのチームはチームUKYOで、「このまま総合優勝に期待したい。でも、一昨日の内間(康平、ブリヂストンアンカー サイクリングチーム)選手の逃げや、昨日の新城選手のステージ優勝で、わけのわからん元気をもらった。TOJなんだから、ぜひ日本人の活躍が見たい」と期待を込めた。

 自転車好きの女性グループで観戦にきた都内の女性会社員(33)は「伊豆ステージも観戦した。ゴール前の坂を(新城の)ピンクのジャージが上がってきたのが見えた瞬間、震えました。最後にもう一度、あの走りを見せてほしい。ただ、けがには気を付けて」。

新城のサイン会に長蛇の列

 注目の的となった新城は午前9時半ごろ、一人で会場に姿を見せた。数多くのファンが歓声とともに詰め寄り、チームカーの前は即席のサイン会状態に。「応援してます!」「頑張って」といった声援ににこやかに応じながら、差し出される色紙やキャップ、ドリンクボトルなどにサインをした。

サイン会でファンと交流する新城幸也(ランプレ・メリダ) Photo: Yoshihiko Fukumotoサイン会でファンと交流する新城幸也(ランプレ・メリダ) Photo: Yoshihiko Fukumoto

 その後、ランプレメリダのチームメイトらと臨んだサイン会にも、抽選で選ばれた100人が行列を作った。チームのミニジャージに新城のサインをもらった都内の会社員、YUZUHOさん(35)は「笑顔がステキでした!」とご満悦の様子。「復帰戦でここまで活躍するなんて、相当苦労したでしょうし、感動しました」と語った。

「いつか自分もこんなレースで…」

 会場には家族連れから若者のグループ、お年寄りまで、幅広い層がみられ、ロードレース人気の盛り上がりを印象付けた。今年も目立ったのが、自転車で訪れる観客の姿。真っ赤なTREKを傍らに、続々集まるチームを見守っていたロードチーム「HIRAKO.mode」の布施直人さん(23)は早朝、土砂降りの神奈川県逗子市を出発し、会場に乗り付けた。「(日本人の活躍ぶりに)背中を押される気持ち。いつか自分もこんなレースで走りたい」と闘志を燃やしていた。

スタートを控え勢ぞろいした選手らのバイクに興味津々 Photo: Yoshihiko Fukumotoスタートを控え勢ぞろいした選手らのバイクに興味津々 Photo: Yoshihiko Fukumoto
スタートを切る選手たちを、大勢の観客が大喝采で見送った Photo: Yoshihiko Fukumotoスタートを切る選手たちを、大勢の観客が大喝采で見送った Photo: Yoshihiko Fukumoto

 また、ちょっと意表を突く浴衣姿でスタートを待つ一行も。日本舞踊、猿若流の猿若清紫惠さんは自転車好きの長男に触発され、中村龍太郎(日本ナショナルチーム)ファンクラブの“相談役”を務める。海外選手も大勢いることから、「日本を象徴する浴衣できました。自転車はただ走るだけでなく、頭脳戦が最高に面白い。こんなにすごい世界はありません」と、うれしそうに語っていた。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツアー・オブ・ジャパン2016 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載