大阪がワースト、福井は0件自転車危険運転の摘発は全国で1万5131件 改正道交法施行から1年

  • 一覧

 悪質な自転車運転者に安全講習を義務付ける制度が昨年6月にスタートしてから今年5月末までの1年間に、全国の警察が摘発し、警察庁に報告した信号無視などの「危険行為」は1万5131件だったことが6月1日、同庁のまとめで分かった。

目立つ「携帯」「ピスト」…80歳代も

自転車運転、危険行為の内訳(共同通信)自転車運転、危険行為の内訳(共同通信)

 都道府県別では大阪がワーストの5126件。東京の3581件、兵庫の2054件が続いた。一方、福井は0件、長崎は1件、秋田や富山など5県が2件などで、地域差が目立った。

 3年間に2回以上の摘発で命じられる講習を受けたのは24人で、男性19人、女性5人。大阪の11人が最多で、東京4人、兵庫3人など。年齢別では20代が10人、30代が6人、80代も2人いた。摘発内容では、ブレーキのない「ピスト自転車」による違反が目立った。

 危険行為の内訳は、信号無視が6457件(42.7%)、遮断機が下りた踏切への立ち入り3884件(25.7%)、携帯電話を使いながら運転して事故を起こすなどの安全運転義務違反1914件(12.6%)、一時不停止など1122件(7.4%)、ブレーキ不良の自転車の運転539件(3.6%)など。

 違反者の年齢別では20代が最多の3543人(23.4%)、次いで30代2506人(16.6%)、40代2227人(14.7%)。90代以上も12人(0.1%)いた。

 昨年6月1日施行の改正道交法施行令は、重大な事故につながる恐れがあるとして14項目の危険行為を指定。違反者は警察官から指導・警告を受け、従わない場合は交通切符(赤切符)を交付される。危険性が高いと判断されればいきなり交付されることもある。

産経WESTより)

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載