J:COMが冠スポンサーとして3年契約「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」が2018年まで開催決定

  • 一覧

 世界最高峰のサイクルロードレース「ツール・ド・フランス」の名を冠した自転車競技イベント「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」が、2年後の2018年まで開催されることが決定した。昨年に引き続き、ケーブルテレビ網を展開するジュピターテレコム(ブランド名:J:COM)がプレゼンティングスポンサーとして契約。2018年までの3大会をサポートすることとなり、今後3大会の正式名称は昨年と同様「J:COM presents ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」となる。

写真左より、さいたま市議会 桶本議長、株式会社ジュピターテレコム 牧社長、さいたま市 清水市長 ©Saitama City写真左より、さいたま市議会 桶本議長、株式会社ジュピターテレコム 牧社長、さいたま市 清水市長 ©Saitama City

メディアとしても総力をあげて魅力を発信

大会メーンビジュアル ©Saitama City大会メーンビジュアル ©Saitama City

 主催するさいたま市の清水勇人市長は、「昨年の大会を大いに盛り上げていただいたジュピターテレコムが、私たちと歩みを共にしていただけることは大変心強く、さらなる大会のブランド価値向上につながるものと考えている」とコメントした。

 一方、ジュピターテレコムの牧俊夫・代表取締役社長はスポンサードを決めた理由について「『さいたまクリテリウム』を地域振興の核として将来にわたって大きく育てたいというさいたま市のビジョンに共感した」とし、「本大会は年を追うごとに人気・知名度が高まってきており、今年の盛り上がりに大いに期待している。スポンサーとして大会を支えることはもちろん、メディアとして番組制作から放送まで総力を挙げて大会の魅力を伝えていきたい」と述べた。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2016ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載