“アジアの次世代”と評価22歳でTOJのコミッセールを務める山田里奈さん 将来はUCIチーフコミッセールへ

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 サイクルロードレースには選手の他にチームカーや関係車両、先導バイクなど、多くの車両や隊列を成している。これらレース全体の統括を行っているのが「コミッセール」と呼ばれる審判団で、スムーズに競技が行われるよう常に気を配っている。今回は22歳という若さで数々の国際レースのコミッセール経験を持ち、ツアー・オブ・ジャパン(TOJ)でも活躍している山田里奈さんに業務の実態や、将来の目標を取材した。

TOJでコミッセールとして活躍する山田里奈さん Photo: Shusaku MATSUOTOJでコミッセールとして活躍する山田里奈さん Photo: Shusaku MATSUO

知識と経験が必須

堺ステージでは出走する選手へスタートの指示を出していた Photo: Shusaku MATSUO堺ステージでは出走する選手へスタートの指示を出していた Photo: Shusaku MATSUO

 「まさか私がこの場にいることができるとは」と山田さんはTOJ美濃ステージのコミッセールの仕事を終え、一息つきながら話す。

 「知人が実業団で自転車競技を行っていたことがきっかけ」という山田さんは、コミッセールの活動を始めて4年目。現在は日本自転車連盟(JCF)が定める2級審判資格を保有している。ここ2年ほどは海外のレースで経験を積み、コミッセールを務めたレースはツール・ド・ランカウイが2回、香港ワールドカップトラック、ジャラジャ・マレーシア、その他アジアツアーなど数多い。

山田さんが乗車する審判車の4号車。通称「コム4」 Photo: Shusaku MATSUO山田さんが乗車する審判車の4号車。通称「コム4」 Photo: Shusaku MATSUO
審判車内には2系統のラジオツールや、参加チーム、選手の一覧が備えられている Photo: Shusaku MATSUO審判車内には2系統のラジオツールや、参加チーム、選手の一覧が備えられている Photo: Shusaku MATSUO

 山田さんはコミッセールの中でも「パネル」メンバーに入っている。パネルとはレースの決定権を持つ役職で、最終的なリザルトの確定作業を行うなど、責任と幅広い知識が求められる。山田さんはレース中、審判車の4号車(コミッセールカー4、通称コム4)に乗車し、チームカーの隊列中ほどで、各チームカーや関係車両に走るべき位置や指示を無線で行う。

花梨の木で職人に作ってもらった特注品。裏は赤色で信号状になっている。選手やチームへの指示出しに使用し、車から出しても風に煽られないよう中心に穴が空いている Photo: Shusaku MATSUO花梨の木で職人に作ってもらった特注品。裏は赤色で信号状になっている。選手やチームへの指示出しに使用し、車から出しても風に煽られないよう中心に穴が空いている Photo: Shusaku MATSUO
レース後はリザルトの確定作業や打ち合わせを行う Photo: Shusaku MATSUOレース後はリザルトの確定作業や打ち合わせを行う Photo: Shusaku MATSUO

 「選手の動きを把握し、チームカーの動きを先読みすることが求められます」と経験が為す“勘”が必要とされることを山田さんは強調。また、選手の違反行為にも車から顔を覗かせ厳しく目を光らせていた。

「ぜひ若い人に入ってきてほしい」

UCIチーフコミッセールの菊池津根徳さん Photo: Shusaku MATSUOUCIチーフコミッセールの菊池津根徳さん Photo: Shusaku MATSUO

 コミッセールの先輩でもあり、国際自転車競技連合(UCI)チーフコミッセールの資格を持つ菊池津根徳さんは「彼女がコム4から顔を覗かせると、乱れていたチームカーの隊列が瞬時に揃う。海外のチームからも一目置かれ、信頼が厚く、尊敬されているからだ」と山田さんの仕事ぶりについて太鼓判を押す。「コミッセールは机上の勉強だけでは務まりません。彼女のように知識に加え豊富な経験があってこそ」と評価し、「アジアの次世代の人材です」と続けた。

 また、TOJの栗村修大会ディレクターは「山田さんや菊池さんらの活躍で、一般的に表に出にくい部分のクオリティがとても上がっています。国際基準でレースを運営するうえでなくてはならない存在です」とTOJにおけるコミッセールの重要性について語った。

車から乗り出し、レースの状況を読み、的確な指示を各チームへと送る Photo: Shusaku MATSUO車から乗り出し、レースの状況を読み、的確な指示を各チームへと送る Photo: Shusaku MATSUO

 「ぜひ若い人にコミッセールの世界へ入ってきてほしい」と話す山田さん。今後は8月に行われるUCIエリートナショナルコミッセール試験に挑むという。また、2年間必要とされるトレーニングを積み、将来的にスイスのジュネーブにあるUCI本部で行われるUCIチーフコミッセール本試験に挑戦したいと意気込んだ。

この記事のタグ

TOJ2016・サイドレポート ツアー・オブ・ジャパン2016

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

Cyclist TV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載