全日本選手権ロード2012土井が全日本ロード初優勝 新城は9位、女子は萩原が3連覇

  • 一覧

 自転車ロードレースのロンドン五輪代表選考で国内最終レースとなる全日本選手権が29日、岩手県の八幡平市岩手山パノラマラインコースで行われ、男子(252・8キロ)は土井雪広(アルゴス・シマノ)が6時間55分38秒で初優勝した。昨年2位の新城幸也(ヨーロッパカー)は19秒差の9位だった。

 女子(126・4キロ)は萩原麻由子(サイクルベースあさひ)が3時間46分32秒で3連覇を果たした。

土井雪広(アルゴス・シマノ)が全日本初制覇土井雪広(アルゴス・シマノ)が全日本初制覇
女子は萩原麻由子(サイクルベースあさひ)が與那嶺恵理(チーム・フォルツァ!)を下し3連覇を達成女子は萩原麻由子(サイクルベースあさひ)が與那嶺恵理(チーム・フォルツァ!)を下し3連覇

 五輪代表の男子2人は、今大会不参加の別府史之(グリーンエッジ)以外の残り1人を5月1日の選考委員会で決める。出場枠を手にしていない女子は5月末までの国際大会の成績を反映したランキングで1枠を手に入れる可能性がある。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

萩原麻由子

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載