ランプレ・メリダとキナンが参加新城幸也らがファンと交流 チャンピオンシステムがTOJ開幕前日にライドイベント開催

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 日本最大のステージレース「ツアー・オブ・ジャパン」(TOJ)の開幕を翌日に控えた5月28日、大会に出場するUCIワールドツアーチームのランプレ・メリダと、Jプロツアーチームのキナンサイクリングチームの選手たちと一緒に走るファンライドイベントが大阪府堺市で開かれた。オーダーウェアブランドのチャンピオンシステムが企画したイベントで、参加したファンは憧れの選手たちのすぐ近くで走り、記念写真を撮ったり、サインを書いてもらったりして交流を楽しんだ。

ファンとのライドを楽しんだ新城幸也(ランプレ・メリダ) Photo: Shusaku MATSUOファンとのライドを楽しんだ新城幸也(ランプレ・メリダ) Photo: Shusaku MATSUO

復活した新城に笑顔

交流ライドに参加したランプレ・メリダの選手たち Photo: Shusaku MATSUO交流ライドに参加したランプレ・メリダの選手たち Photo: Shusaku MATSUO

 ランプレ・メリダの一員としてTOJに臨む新城幸也は、2月に左大腿骨を骨折した後、今大会が復帰戦となる。新城はタイでのトレーニングキャンプから前日に帰国したばかりだが、「(タイでは)21日間で約3500kmの走り込みを行った」と笑顔で語るなど、コンディションは上々のようだ。

チャンピオンシステム主催のファンライドに集まったファンと選手 Photo: Shusaku MATSUOチャンピオンシステム主催のファンライドに集まったファンと選手 Photo: Shusaku MATSUO
チャンピオンシステム製のチームフラッグにサインをもらいました! Photo: Shusaku MATSUOチャンピオンシステム製のチームフラッグにサインをもらいました! Photo: Shusaku MATSUO

 イベントに集まったファンは、チャンピオンシステムのオーダーウェアを愛用している西日本のチームやショップのサイクリストたち。この日のライドのために広島県から来阪した男性もいた。参加者たちはランプレ・メリダやキナンの選手の後ろについてトップ選手の走りを観察したり、気軽に話しかけたりして、約2時間のライドを満喫した。

サインや写真撮影に笑顔で応じる新城幸也 Photo: Shusaku MATSUOサインや写真撮影に笑顔で応じる新城幸也 Photo: Shusaku MATSUO
ファンのジャージにサインをする選手 Photo: Shusaku MATSUOファンのジャージにサインをする選手 Photo: Shusaku MATSUO

憧れの選手と一緒にジュニアも快走!

 滋賀県守山市から参加した恵理九くん(めぐみ・りく、12歳)は、24インチのジュニア用ロードバイクで野中竜馬(キナンサイクリングチーム)の背中を懸命に追い、「有名なプロ選手と走れて楽しかった」と笑顔を見せた。

「プロの選手と走れて楽しかった!」とコメントした恵理九君 Photo: Shusaku MATSUO「プロの選手と走れて楽しかった!」とコメントした恵理九君 Photo: Shusaku MATSUO
新城幸也(右)とフェン・チュンカイ Photo: Shusaku MATSUO新城幸也(右)とフェン・チュンカイ Photo: Shusaku MATSUO

 台湾のナショナルチャンピオンジャージを着るフェン・チュンカイ(ランプレ・メリダ)は、「日本は以前からとてもなじみのある国。来日を楽しみにしていたし、きょうのライドも楽しめた」とリラックスした様子で語った。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

TOJ2016・その他 チャンピオンシステム ツアー・オブ・ジャパン2016

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載