11カ所の寺社で熊本の早期復興を祈願76歳男性らグループが自転車で西日本縦断 14日間で1599km走破

  • 一覧
西日本縦断で1599kmを完走し、笑顔を浮かべる自転車愛好家団体「三連勝クラブ・シニアチーム」の佐藤明弘さん(76)ら =5月26日、千葉県柏市の道の駅しょうなん(牧山紘子撮影)西日本縦断で1599kmを完走し、笑顔を浮かべる自転車愛好家団体「三連勝クラブ・シニアチーム」の佐藤明弘さん(76)ら =5月26日、千葉県柏市の道の駅しょうなん(牧山紘子撮影)

 自転車で西日本縦断に挑戦していた、千葉県柏市の佐藤明弘さん(76)ら千葉県内在住の62~76歳の男性4人が5月25日、目的地だった同市の「道の駅しょうなん」にゴールした。2週間で計1599kmを走ったといい、同施設では4人が所属する自転車愛好家団体「三連勝クラブ・シニアチーム」のメンバーらが快挙をたたえた。

 4人は13日に福岡県の太宰府天満宮を出発し、中国、北陸、関東の各地方を通過しながら14日間で完走した。1日に約8時間かけて120~135kmを走り、出雲大社(島根)など11カ所の寺社で熊本の早期復興を願ったという。

 佐藤さんは「完走を目指し仲間と声を掛け合いながら頑張った。道中、年齢に驚かれることもあった。同世代を元気にしたい」と笑顔をみせた。

 三連勝クラブ・シニアチームには55~83歳の男女54人が所属しており、日、水曜日に柏市の手賀沼自転車道や農道などでサイクリングに励んでいる。昨年には佐藤さんら2人が東日本を縦断したという。

産経新聞・千葉版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクリング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載