VELO MAGAZINE日本版、19日発売 「ユーロバイク」「インターバイク」や“コンタ復活”を特集

  • 一覧
「VELO MAGAZINE(ベロマガジン)日本版 VOL.3 2012年 11月号」表紙「VELO MAGAZINE(ベロマガジン)日本版 VOL.3 2012年 11月号」表紙

 「VELO MAGAZINE(ベロマガジン) 日本版」創刊第3号が10月19日、ベースボール・マガジン社から発売される。「ユーロバイク」(ドイツ)や「インターバイク」(アメリカ)といった自転車関連の大規模展示会が特集されている。A4変形版オールカラー100ページ、税込1500円。

 ベロマガジンは、フランスで発行されている世界的な自転車雑誌のひとつ。日本版では、同誌の翻訳に加え、日本の読者向けの記事も盛り込まれている。

 第3号ではほかに、フィリップ・ジルベール(ベルギー、BMCレーシングチーム)が優勝した今年のロード世界選手権や、ドーピング問題でレースを離れていたアルベルト・コンタドール(スペイン、チーム サクソバンク・ティンコフバンク)がブエルタ・ア・エスパーニャで復活を遂げたことが取り上げられている。

 また、本国の“500号記念”として企画された「10人の王者と10の表紙」の前篇として、エディ・メルクス、ベルナール・テブネ、フランチェスコ・モゼール、ベルナール・イノー、ショーン・ケリーへのインタビュー記事が掲載されている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ベロマガジン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載