title banner

ジロ・デ・イタリア2016 第16ステージバルベルデがジロ初ステージ勝利 クルイシュウィックは堅実に首位をキープ

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 ジロ・デ・イタリア第16ステージが5月24日、ブレッサノーネからアンダロまでの132kmで行われ、山岳で形成された3人でのスプリントを制したアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター チーム)がジロ初優勝を飾った。総合首位のスティーフェン・クルイシュウィック(オランダ、チーム ロットNL・ユンボ)はタイム差無しの2位でレースを終えマリアローザを堅守。NIPPO・ヴィーニファンティーニの山本元喜は124位で完走した。

自身初となるジロ・デ・イタリアでのステージ勝利を挙げたアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター チーム) Photo: Yuzuru SUNADA自身初となるジロ・デ・イタリアでのステージ勝利を挙げたアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター チーム) Photo: Yuzuru SUNADA

レース序盤から総合勢の争いへ

山本元喜(日本、NIPPO・ヴィーニファンティーニ) Photo: Yuzuru SUNADA山本元喜(日本、NIPPO・ヴィーニファンティーニ) Photo: Yuzuru SUNADA

 休息日が明け、3週目に突入したジロ・デ・イタリアは佳境に入る。コースは下り基調で始まり、2級山岳で標高約1300mのメンドーラ峠を越える。その後は再びダウンヒルが続き、ゴールへ向けて2級、3級山岳が始まるレイアウトだ。

 レースはダニエル・オス(イタリア、BMCレーシングチーム)を含む約10人が逃げグループを形成したが、40kmを過ぎて始まるメンドーラ峠までに全て吸収。モビスター チームやアスタナ プロチーム、チーム ロットNL・ユンボの選手がハイペースで牽引し、2級山岳に入った。

アベレージ速度は山岳コースながら44km/hを越える高速レースとなった Photo: Yuzuru SUNADAアベレージ速度は山岳コースながら44km/hを越える高速レースとなった Photo: Yuzuru SUNADA

 後続では遅れ始める選手が出てくるなか、先頭ではアタックが頻発。ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、アスタナ プロチーム)やクルイシュウィックが顔を見合わせるなか、イルヌール・ザカリン(ロシア、チーム カチューシャ)やジャンルーカ・ブランビッラ(イタリア、エティックス・クイックステップ)らがスルスルとメーン集団から抜け出ていく。

 何人もの選手がアタックを試みたが、最終的にセレクションされたのはニバリやバルベルデ、ザカリン、クルイシュウィックなどの総合上位勢が入る10人。この中に入ることができなかったのはヨアンエステバン・チャベス(コロンビア、オリカ・グリーンエッジ)や、ラファウ・マイカ(ポーランド、ティンコフ)で、先頭集団から約30秒遅れて2級山岳山頂を通過し、下りへと突入した。

終盤に形成された3人の先頭グループ Photo: Yuzuru SUNADA終盤に形成された3人の先頭グループ Photo: Yuzuru SUNADA

 下りを攻めるニバリに加え、アシストのタネル・カンゲルト(エストニア、アスタナ プロチーム)が先頭のペースを保ち、後続を引き離しにかかった。また、第二集団では遅れたマイカとチャベスを引き上げるため、ティンコフとオリカ・グリーンエッジが協力して前の集団を追う。

ニバリが脱落

 下り基調のコースも終わり、先頭と第二集団の差は変わらず40秒ほど。集団を牽引したカンゲルトは残り20kmを切り仕事を終えた。残す距離が15kmを切るとバルベルデがアタックを仕掛ける。すぐに対応したはクルイシュウィックとザカリンだったが、ニバリが反応できない。その後ニバリはズルズルと後退し、追いつくことはなかった。

積極的に動いたイルヌール・ザカリン(ロシア、チーム カチューシャ) Photo: Yuzuru SUNADA積極的に動いたイルヌール・ザカリン(ロシア、チーム カチューシャ) Photo: Yuzuru SUNADA
ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、アージェードゥーゼール ラモンディアル)の背後でゴールするヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、アスタナ プロチーム)はトップから1分47秒遅れでフィニッシュした Photo: Yuzuru SUNADAドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、アージェードゥーゼール ラモンディアル)の背後でゴールするヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、アスタナ プロチーム)はトップから1分47秒遅れでフィニッシュした Photo: Yuzuru SUNADA

 先頭の3人は終盤の急勾配区間も快調に走り、ゴール前でスプリント体勢へ。バルベルデが腰を上げ、タイミングを計ったクルイシュウィックがペースを合わせようとするも横に並べず、百戦錬磨のバルベルデが自身初となるジロ・デ・イタリアでのステージ勝利を挙げた。

「チームワークが完璧だった」と振り返ったアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター チーム) Photo: Yuzuru SUNADA「チームワークが完璧だった」と振り返ったアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター チーム) Photo: Yuzuru SUNADA
アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター チーム)に肉薄したスプリントでゴールへ飛び込んだスティーフェン・クルイシュウィック(オランダ、チーム ロットNL・ユンボ)がマリアローザをキープ Photo: Yuzuru SUNADAアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター チーム)に肉薄したスプリントでゴールへ飛び込んだスティーフェン・クルイシュウィック(オランダ、チーム ロットNL・ユンボ)がマリアローザをキープ Photo: Yuzuru SUNADA

 ゴール後にバルベルデは「先週の土曜日は標高が高くて苦しんだ。しかし、日曜日のTTは遅れすぎないように粘ることができ、コンディションも悪くないと感じた。今日に関してはレースを厳しくするチームオーダーが完璧に決まった。チームメートはじめ、機材、マッサーなど全てが満点のレースだった」と振り返った。

 マリアローザを守ったクルイシュウィックは「レース展開は完璧だった。マリアローザを守ることができたしとてもハッピーだよ」とコメントしている。

第16ステージ結果
1 アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター チーム) 2時間58分54秒
2 スティーフェン・クルイシュウィック(オランダ、チーム ロットNL・ユンボ) +0秒
3 イルヌール・ザカリン(ロシア、チーム カチューシャ) +8秒
4 ディエーゴ・ウリッシ(イタリア、ランプレ・メリダ) +37秒
5 ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、エティックス・クイックステップ)
6 ダビ・ロペス(スペイン、チーム スカイ) +38秒
7 セルゲイ・フィルサノフ(ロシア、ガスプロム・ルスヴェロ)
8 ヨアンエステバン・チャベス(コロンビア、オリカ・グリーンエッジ) +42秒
9 ラファウ・マイカ(ポーランド、ティンコフ) +50秒
10 ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、アージェードゥーゼール ラモンディアル) +1分47秒
124 山本元喜(日本、NIPPO・ヴィーニファンティーニ) +17分57秒

個人総合(マリアローザ)
1 スティーフェン・クルイシュウィック(オランダ、チーム ロットNL・ユンボ) 63時間40分10秒
2 ヨアンエステバン・チャベス(コロンビア、オリカ・グリーンエッジ) +3分00秒
3 アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター チーム) +3分23秒
4 ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、アスタナ プロチーム) +4分43秒
5 イルヌール・ザカリン(ロシア、チーム カチューシャ) +4分50秒
6 ラファウ・マイカ(ポーランド、ティンコフ) +5分34秒
7 ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、エティックス・クイックステップ) +7分57秒
8 アンドレイ・アマドール(コスタリカ、モビスター チーム) +8分53秒
9 ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、アージェードゥーゼール ラモンディアル) +10分05秒
10 カンスタンティン・シウツォウ(ベラルーシ、ディメンションデータ) +11分03秒
160 山本元喜(日本、NIPPO・ヴィーニファンティーニ) +3時間34分20秒

ポイント賞(マリアロッサ)
1 ジャコモ・ニッツォーロ(イタリア、トレック・セガフレード) 138pts
2 ディエーゴ・ウリッシ(イタリア、ランプレ・メリダ) 130pts
3 マッテーオ・トレンティン(イタリア、エティックス・クイックステップ) 86pts

山岳賞(マリアアッズーラ)
1 ダミアーノ・クネゴ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ) 134pts
2 シュテファン・デニフル(オーストリア、イアム サイクリング) 72pts
3 ホンダルウィン・アタプマ(コロンビア、BMCレーシングチーム) 69pts

新人賞(マリアビアンカ)
1 ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、エティックス・クイックステップ) 63時間48分07秒
2 セバスティアン・エナオ(コロンビア、チーム スカイ) +14分17秒
3 ダヴィデ・フォルモロ(イタリア、キャノンデール プロサイクリングチーム) +34分11秒

チーム総合
1 アスタナ プロチーム 191時間30分47秒
2 モビスター チーム +7分46秒
3 アージェードゥーゼール ラモンディアル +23分23秒

関連記事

この記事のタグ

ジロ・デ・イタリア2016 ジロ2016・レース詳報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載