上位チームは県大会に進出自転車ルール、学科と実技テストで競う 滋賀・守山の体育館で小学生大会

  • 一覧
団体と個人の部で優勝した村手杜緑君(杉森尚貴撮影)団体と個人の部で優勝した村手杜緑君(杉森尚貴撮影)

 交通安全のため大切な自転車の交通ルールについて、小学生の子供たちが知識と技術を競う「交通安全子ども自転車守山野洲地区大会」が5月22日、滋賀県守山市の守山市民体育館で開かれた。

 自転車を安全に運転するための技術や知識を身に付けてもらおうと滋賀県警守山署や守山野洲交通安全協会などが開催。児童約30人が参加し、標識の意味などを答える学科テストと、交差点に見立てたコースを自転車で走り、指さし確認や、曲がる際の合図の出し方などを試す実技テストに臨んだ。

 優勝した「野洲小学校Aチーム」に所属し、個人の部でも優勝した野洲小5年、村手杜緑(もりつな)君(10)は「練習の成果を発揮できた。実際の道路でも安全確認をきちんとして、事故の加害者にも、被害者にもならないようにしたい」と話した。同チームは、6月18日に県立体育館(大津市)で開かれる県大会に出場する。

産経新聞・滋賀版より)

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載