消極的なレースに決別「自分の殻破れた」與那嶺恵理27位 ツアー・オブ・カリフォルニア女子第3ステージ

  • 一覧

 アメリカで開催中のUCI女子ワールドツアー「アムジェン・ツアー・オブ・カリフォルニア」は5月21日、第3ステージが行われ、與那嶺恵理(ハーゲンスベルマン・スーパーミント プロサイクリングチーム)は「自分の殻を破れた」という走りで27位でゴール。前日40位だった個人総合順位を24位に押し上げた。

與那嶺恵理(左から2番目)を含むレース終盤の逃げ集団 Photo: Jonathan Devich/epicimages.us與那嶺恵理(左から2番目)を含むレース終盤の逃げ集団 Photo: Jonathan Devich/epicimages.us

 第3ステージはサンタローザを発着とする111kmで競われた。マリアンヌ・フォス(オランダ、 ラボ・リヴ ウィメンサイクリングチーム)が終盤でコリン・リベラ(アメリカ、ユナイテッド・ヘルスケア・ウィメン)を抜き去り、勝利を決めた。個人総合のトップ3は前ステージと変わらず、メーガン・ガルニエ(アメリカ、ボエルス・ドルマンス サイクリングチーム)が1位をキープしている。

 最終となる第4ステージは22日、サクラメント市内を20周する70kmのクリテリウムが行われる。

◇         ◇

●レース後の與那嶺恵理のコメント

 今日は攻め切る。自分の殻を破る。武井コーチと前日からよくミーティングを行い、強く決意をしてスタートしました。スタート後20km地点のKOM手前から積極的に動き、何度か逃げを決める形に入ることができました。

第3ステージ、ゴールを切った直後の與那嶺恵理(supermintusaのインスタグラムから)第3ステージ、ゴールを切った直後の與那嶺恵理(supermintusaのインスタグラムから)

 60km地点のKOMのあと、世界チャンピオンを含む世界トップの選手たちと共に逃げ、積極的に逃げをけん引することが出来ました。ラボバンクの世界チャンピオン、フォスが後方集団に残ったため、私を含む8名の逃げ集団で勝利を決めるべく、自分はフルガス(全開)で逃げをけん引しました。

 しかし、元世界チャンピオンのクリスティン・アームストロングの協力が上手く得られず、残り15kmほどでフォスに捕まってしまいました。

 最後のダウンタウンのクリテリウムでも逃げ切り勝利を狙い、積極的にアタックを行うことが出来ました。

 今まで、自分の殻を破れない消極的なレースを繰り返してしまっていましたが、今日は、本当に自分の殻を破ることが出来たと実感することができました。

■第3ステージ結果
1 マリアンヌ・フォス(オランダ、 ラボ・リヴ ウィメンサイクリングチーム) 2時間52分51秒
2 コリン・リベラ(アメリカ、ユナイテッド・ヘルスケア・ウィメン)
3 エマ・ヨハンソン(スウェーデン、ウィグル・ハイファイブ)
27 與那嶺恵理(日本、ハーゲンスベルマン・スーパーミント) +5秒

■個人総合成績
1 メーガン・ガルニエ(アメリカ、ボエルス・ドルマンス サイクリングチーム) 6時間25分24秒
2 クリスティン・アームストロング(アメリカ、トゥエンティ16-ライドバイカー) +15秒
3 エヴリン・スティーヴンス(アメリカ、ボエルス・ドルマンス サイクリングチーム) +15秒
24 與那嶺恵理(日本、ハーゲンスベルマン・スーパーミント) +2分50秒

関連記事

この記事のタグ

UCI女子ワールドツアー ロードレース 與那嶺恵理

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載