総合からステージ狙いに切り替え與那嶺恵理はチームTTで総合40位に後退 ツアー・オブ・カリフォルニア女子第2ステージ

  • 一覧

 アメリカで開催のUCI女子ワールドツアー「アムジェン・ツアー・オブ・カリフォルニア」に出場している與那嶺恵理(ハーゲンスベルマン・スーパーミント プロサイクリングチーム)は5月20日、第2ステージのチームタイムトライアルを走り、トップから2分5秒遅れの18チーム中13位でゴール。前日20位だった個人総合順位を、40位に落とした。

チームタイムトライアルのスタートラインに並んだハーゲンスベルマン・スーパーミント プロサイクリングチームの6人。中央が與那嶺恵理 Photo: Geoffrey STUBBSチームタイムトライアルのスタートラインに並んだハーゲンスベルマン・スーパーミント プロサイクリングチームの6人。中央が與那嶺恵理 Photo: Geoffrey STUBBS
スタートを待つ選手たち。白いヘルメットが與那嶺 Photo: Kyosuke TAKEIスタートを待つ選手たち。白いヘルメットが與那嶺 Photo: Kyosuke TAKEI

 第2ステージはフォルサム湖南岸沿いを主に走る、20.3kmの距離で行われた。レースは個人総合2位のクリスティン・アームストロング率いるトゥエンティ16-ライドバイカーと、同1位のメーガン・ガルニエのボエルス・ドルマンス サイクリングチームが、他チームから飛び抜けたタイムでステージ1位、2位となった。個人総合はガルニエがキープしている。

 與那嶺はこの大会、元全米女王のスコッティ・レチュガとともに、チームのダブルエースとして臨んでいる。第3ステージは21日、サンタローザを発着とする111kmで行われる。

◇      ◇

●レース後の與那嶺恵理のコメント

 本日はチーム総合を落とさず、個人の成績もキープする。このような作戦で臨みました。しかし、チームとして初めて臨むチームタイムトライアル。経験が全く無いことが大きく成績に影響し、13位という結果。

 ジョノ監督としては、クラッシュが無く明日につながるとの意味で納得しておりましたが、私個人としては、大変残念な結果となりました。

 自分自身も、自分がフルガス(全開)で走ると後ろからペースを落としてくれと再三言われ、非常にフラストレーションが溜まる走りとなってしまいました。

スタートラインでコールに応える與那嶺(中央) Photo: Kyosuke TAKEIスタートラインでコールに応える與那嶺(中央) Photo: Kyosuke TAKEI

 この順位は武井コーチも私もある程度は想定していましたが、タイムギャップが大きくなってしまったので、総合でのUCIポイント獲得が難しい状況です。
 
 明日の第3ステージはローリングセクションが多く、厳しいステージです。当初の作戦通り、思い切って逃げを打ち、積極的に順位を狙って攻めていきます。引き続き、応援よろしくお願いします。

■第2ステージ結果
1 トゥエンティ16-ライドバイカー 27分33秒
2 ボエルス・ドルマンス サイクリング +06秒
3 ユナイテッドヘルスケア +25秒
13 ハーゲンスベルマン・スーパーミント +2分05秒

■個人総合成績
1 メーガン・ガルニエ(アメリカ、ボエルス・ドルマンス サイクリングチーム) 3時間32分36秒
2 クリスティン・アームストロング(アメリカ、トゥエンティ16-ライドバイカー) +12秒
3 エヴリン・スティーヴンス(アメリカ、ボエルス・ドルマンス サイクリングチーム) 3時間32分
40 與那嶺恵理(日本、ハーゲンスベルマン・スーパーミント) +2分42秒

関連記事

この記事のタグ

UCI女子ワールドツアー ロードレース 與那嶺恵理

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載