「ツィーナー・バイクフェステバル」レポート欧州一のMTBイベント会場へ潜入 プロ選手とマンツーマンで乗り方イロハを体験

  • 一覧
イタリア北部のガルダ湖畔で「ツィーナー・バイクフェステバル」が開催された Photo: Henning Angererイタリア北部のガルダ湖畔で「ツィーナー・バイクフェステバル」が開催された Photo: Henning Angerer

 イタリア北部のガルダ湖畔のリゾート地リーバで、4月29日から5月1日にかけて、マウンテンバイク(MTB)に特化した欧州最大の展示会「Ziener BIKE Festival」(ツィーナー・バイクフェステバル)が開催された。イベント開催はことしで23回目。リーバの街のありとあらゆる場所がMTBに“占拠”され、166の出展社、300のブランドのブースがひしめき合う会場は4万人の来場者で賑わった。

レースや企画が目白押し

街の中心エリアに敷かれたパンプトラックのコース Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA街の中心エリアに敷かれたパンプトラックのコース Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA

 ツィーナー・バイクフェステバルの最大の特徴は、バイクブランド各社が用意する試乗車。最新モデルもラインナップされ、一般のマウンテンバイカーに貸し出される。会場となったリーバは無数のオフロードトレイルに囲まれ、晴天に恵まれた期間中は朝から夕方まで試乗車で山にこもりっきりのマウンテンバイカーも多く見かけた。

メーン会場が設置されたリーバの街なかは、どこを見てもMTBだらけだった  Photo: Aki SCHULTE-KARASAWAメーン会場が設置されたリーバの街なかは、どこを見てもMTBだらけだった  Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA
ガルダ湖を行き来する船で会場入りするマウンテンバイカーら Photo: Aki SCHULTE-KARASAWAガルダ湖を行き来する船で会場入りするマウンテンバイカーら Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA

 また期間中、MTBマラソン、エンデューロ、パンプバトル、ジュニアトロフィー(子供向けレース)など参加型の大小ライドイベントも併催。マウンテンバイカーおよそ2500人がライドを楽しんだ。

MTBマラソンはメーンイベントのひとつ Photo: Henning AngererMTBマラソンはメーンイベントのひとつ Photo: Henning Angerer
リーバの街はMTBを楽しめるコースに囲まれている Photo: Robert Niedrigリーバの街はMTBを楽しめるコースに囲まれている Photo: Robert Niedrig
キッズ向けの催しも人気だった Photo: Henning Angererキッズ向けの催しも人気だった Photo: Henning Angerer

 ライドイベント以外にも、マウンテンバイカーのための企画が目白押し。そのひとつが、「自転車乗りのためのヨガ」教室。開催時間は夕方4時半で、たっぷり1時間半の内容だ。試乗やイベントで使った体をじっくりとストレッチし、翌日もまた気持よく体を動かせるようにと無料で参加できた。筆者も体験をしてみたところ、全身のストレッチに加えて、肩・腕・脚を重点的にストレッチする動きが多く組まれていた。

施術前に体に違和感がないかなどを尋ねるスポーツ理学療法士のベアタ・リピアックさん(右) Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA施術前に体に違和感がないかなどを尋ねるスポーツ理学療法士のベアタ・リピアックさん(右) Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA

 有料なものの、メーン会場内の通路に設けられた青空マッサージも好評だった。マッサージを提供していたのは、オーストリアの企業「マッサージ・ディビジョン」。欧州を中心として各国に登録スタッフを配し、スポーツイベントやメッセなどに出展している。

 ポーランド出身のベアタ・リピアックさん(Beata Lipiak)は、スポーツ理学療法士。リピアックさんは、「脚はもちろんだけれど、きょうみたいに座った姿勢の場合は、ライド時に進行方向を見据え続けるので首と、ハンドル操作などで酷使する肩から腕をしっかりマッサージします」とマッサージのポイントについて教えてくれた。

「自転車乗りのためのヨガ」教室でストレッチをしていく参加者 Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA「自転車乗りのためのヨガ」教室でストレッチをしていく参加者 Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA
「マッサージ・ディビジョン」のコーナーでは来場者が目をつぶって気持ちよさそうにマッサージを受けていた Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA「マッサージ・ディビジョン」のコーナーでは来場者が目をつぶって気持ちよさそうにマッサージを受けていた Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA

MTB初心者にプロ直伝の“乗り方講座”

試乗したバイクはBH「Lynx 4.8」。ようやく足が地面に届くサイズなもののトレイルへ出ないのでOKが出た Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA試乗したバイクはBH「Lynx 4.8」。ようやく足が地面に届くサイズなもののトレイルへ出ないのでOKが出た Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA

 MTB初心者の筆者も、オープンな雰囲気に誘われてバイクを借りてみることに。ところが、スモールサイズのバイクは希少な上に試乗で出払っているとあって、身長159cmの筆者に合うバイクはなかなか見つからなかった。そこで助けてくれたのが、プロMTB選手のユリア・ホフマンさん(32、Julia Hofmann)。ホフマンさんは、エンデューロ・ワールドシリーズなどのレースに参戦する数少ないドイツ出身の女性プロライダーだ。

 訪ね歩いて「これなら乗れる」と選んでくれたのは、BHの「Lynx 4.8」。27.5インチのアルミフレームで、120mmサスペンションを備えたモデルだ。サドルを最大限下げ、またがって体重をあずけた状態でフロントサスペンションを調整してもらっていると、ホフマンさんがMTBの基礎を教えてくれるという。願ってもないチャンスと二つ返事で練習場所へ向かった。

 練習場所となったグラウンドで乗る前に教えられたのは、ハンドルを握った腕を外へ向けるということ。「胸の前でひとつの大きな丸を作る感じ」で握ったら、腕の直線上にブレーキが来るように向きを調整しておく。「ブレーキにはいつも指をかけて、力加減とブレーキ感覚を覚えてね」

ハンドルを握った際に胸の前で大きな丸を作るイメージで腕を外へ向ける Photo: Aki SCHULTE-KARASAWAハンドルを握った際に胸の前で大きな丸を作るイメージで腕を外へ向ける Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA
筆者のブレーキ位置を調節するユリア・ホフマンさん Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA筆者のブレーキ位置を調節するユリア・ホフマンさん Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA

 愛車のロードバイク以外にスポーツバイク経験がない筆者が最も驚かされたのも、そんなブレーキの比率だった。ダウンヒルの時は特に、フロント7割、リア3割という割合でブレーキングしていくという。その理由は、「ブレーキ状態ではうまくトレッド(タイヤの凹凸)が地面をグリップできない。後輪でしっかりグリップできないとスピードが上がり、さらに左右にスリッピーになってコントロールできなくなり危険」だからだ。

体の軸と前後バランスについて説明するユリア・ホフマンさん Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA体の軸と前後バランスについて説明するユリア・ホフマンさん Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA
ブレーキ感覚を身につける練習。先生がやっている姿はかっこいいのだけれど… Photo: Aki SCHULTE-KARASAWAブレーキ感覚を身につける練習。先生がやっている姿はかっこいいのだけれど… Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA
「MTBって楽しい!」と感じられるようになりました Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA「MTBって楽しい!」と感じられるようになりました Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA

 さらに、ペダルを回していない時には岩などの突起に引っかからないように両ペダルを同じ高さに上げておくことや、「体が一番のクッション」と思いながら乗るのは新鮮だった。そのほかにも、傾斜によって体の重心を前後に移動させられるようにバランスを保ち、あごを進行方向へ向けることなど、いくつかポイントを教えてもらいながら乗ること15分。何となくMTBが楽しくなってきたから不思議だ。

 気持よく乗っているとホフマンさんから「とてもバランスがいい。すぐにでも始めるべきだわ」と褒められ、まんざらでもない気持ちを味わった。最後にホフマンさんは、「慎重に進まなければいけない場面に備えて、ゆっくり進む練習が大切。一度トレイルへ出れば、すぐに愉快な仲間と出会えるはず」と楽しそうにしめくくった。

ユリア・ホフマンさん(右)に褒められた筆者は上機嫌 Photo: Aki SCHULTE-KARASAWAユリア・ホフマンさん(右)に褒められた筆者は上機嫌 Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA
シュルテ柄沢亜希シュルテ柄沢 亜希(しゅるて・からさわ・あき)

1982年生まれ、ドイツ在住。東京を拠点に4年間記者生活を送った後、フリーランスへ。書くこと、レポートすることが生きがい。執筆ジャンルは自転車・アウトドアアクティビティ、スポーツ、旅、食、アート、ライフスタイルなど文化全般。幼少期の5年間をドイツ・ハンブルクで過ごしたことがアイデンティティのベースにある。ブログ「ドイツのにほんじん」ほか、多媒体にて執筆中。

関連記事

この記事のタグ

MTBレース イベント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載