title banner

ジロ・デ・イタリア2016 第13ステージニエベが40kmの独走勝利 ユンゲルスが遅れアマドールがマリアローザ獲得

by 平澤尚威 / Naoi HIRASAWA
  • 一覧

 ジロ・デ・イタリア第13ステージが5月20日に開かれ、ミケル・ニエベ(スペイン、チーム スカイ)が終盤の山岳を独走しステージ優勝を挙げた。マリアローザのボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、エティックス・クイックステップ)が遅れたため、アンドレイ・アマドール(コスタリカ、モビスター チーム)が総合首位に浮上。NIPPO・ヴィーニファンティーニの山本元喜は129位でゴールした。

5年ぶり2度目のステージ優勝を飾ったミケル・ニエベ  Photo: Yuzuru SUNADA5年ぶり2度目のステージ優勝を飾ったミケル・ニエベ  Photo: Yuzuru SUNADA

クネゴらの山岳賞争い

 第2週最終日まで続く山岳3連戦の初日は、パルマノーヴァからチヴィダーレ・デル・フリウーリまでの170kmで行われた。4つの山岳が設けられ、コース中盤に1級と2級、そして終盤にも1級、2級の順で登場した。いずれも15%ほどの急勾配の区間がある厳しい上りで、第4山岳を下ったあとは7.3kmの平坦区間がゴールまで続く。

 序盤は逃げが決まらずハイペースで進み、第1山岳の手前でポイント賞、山岳賞、ステージ優勝を狙う選手らによる32人の集団が形成された。この日、今大会3勝のアンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル)が出走しなかったためジャコモ・ニッツォーロ(イタリア、トレック・セガフレード)が首位に浮上。中間スプリントでは2位のアルノー・デマール(フランス、エフデジ)が先頭で通過しニッツォーロとの差を縮めることに成功した。

 第1山岳に入ると、シュテファン・デニフル(オーストリア、イアム サイクリング)が単独で飛び出した。逃げ集団は、総合10位のディエーゴ・ウリッシ(イタリア)を含む3人を送り込んだランプレ・メリダが牽引した。

落車後に走り出すジョヴァンニ・ヴィスコンティ Photo: Yuzuru SUNADA落車後に走り出すジョヴァンニ・ヴィスコンティ Photo: Yuzuru SUNADA

 大きなポイントが与えられる1級の第1山岳は、デニフルがトップ通過。山岳賞争いでトップに立つダミアーノ・クネゴ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ)は2着を狙ったが、ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、モビスター チーム)が猛追した。山頂で補給のために待ち構えていた各チームのマッサーたちの立ち位置が悪く、それを避けたためにヴィスコンティが落車してしまったが、転びながらも2位で通過。クネゴが3位になった。

 デニフルは下りではコーナリングに苦しんだが、2級の第2山岳でも上りでの強さを発揮し、再び先頭で頂上を通過した。後続では、今度はクネゴが先着しヴィスコンティが3位通過した。この下りでデニフルは一旦下がり、逃げ集団とメーン集団が3分ほどの差で第3山岳を目指した。

急勾配も快調に飛ばしたニエベ

 この日2つ目の1級となる第3山岳に入ると、残り約40kmからクライマーのニエベが逃げ集団から飛び出した。急勾配の区間もダンシングを多用しながら快調に飛ばし独走。頂上を通過すると、テクニカルな下りでもスムーズで安定感のある走りを見せた。

 ヴィスコンティはジョゼフロイド・ドンブロウスキー(アメリカ、キャノンデール プロサイクリングチーム)とともにニエベを追走。2位通過でポイントを積み上げクネゴとの差を縮めたが、下りではニエベにリードを広げられてしまった。

 メーン集団はヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア)を擁するアスタナ プロチームがコントロール。しかし、下りではアマドールが先頭に出てペースを上げるなどモビスター チームが攻勢に出た。これを受けてニバリが自らアマドールを追ったり先頭に出たりと、駆け引きが繰り広げられた。

(左2人目から)アレハンドロ・バルベルデとヴィンチェンツォ・ニバリが終盤に争った Photo: Yuzuru SUNADA(左2人目から)アレハンドロ・バルベルデとヴィンチェンツォ・ニバリが終盤に争った Photo: Yuzuru SUNADA

ニバリがスプリントでボーナスタイム獲得

 2級の第4山岳に入ると、ヨアンエステバン・チャベス(コロンビア、オリカ・グリーンエッジ)のアタックをきっかけに、残り約17kmでユンゲルスが遅れ始めた。自分のペースを守った走りで食らいつこうとするが、続くニバリのアタックにより完全にメーン集団から置き去りにされた。しかしアマドールもこの上りで遅れ、マリアローザ争いが混沌とし始めた。

この日、マリア・ローザを失ったボブ・ユンゲルス Photo: Yuzuru SUNADAこの日、マリア・ローザを失ったボブ・ユンゲルス Photo: Yuzuru SUNADA

 ユンゲルスとアマドール以外の総合上位勢がそろうメーン集団では、ニバリとアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター チーム)がアタックを繰り出すが互いに譲らず。上りで差はつかなかったが、下りで追い上げたアマドールがメーン集団に合流した。

 先頭のニエベ、2番手のヴィスコンティ、メーン集団、ユンゲルスまでそれぞれの差は約1分。そのまま最後の平坦区間でもリードを守り切ったニエベが、5年ぶり2度目のステージ優勝を飾った。ヴィスコンティが2位でゴールすると、メーン集団では3位のボーナスタイム争いが繰り広げられた。総合首位浮上が濃厚になったアマドールが牽引し、スプリント力のあるバルベルデを発射したが、ニバリが追い上げてわずかにバルベルデをかわした。

 ユンゲルスはメーン集団から50秒遅れでゴールし総合2位に。総合5位でスタートしたニバリは、4秒のボーナスタイムでバルベルデとスティーフェン・クルイシュウィック(オランダ、チーム ロットNL・ユンボ)を2秒差で上回り、総合3位に浮上した。

マリアローザを獲得したアンドレイ・アマドール Photo: Yuzuru SUNADAマリアローザを獲得したアンドレイ・アマドール Photo: Yuzuru SUNADA

第13ステージ結果
1 ミケル・ニエベ(スペイン、チーム スカイ) 4時間31分49秒
2 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、モビスター チーム) +43秒
3 ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、アスタナ プロチーム) +1分17秒
4 アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター チーム)
5 ラファウ・マイカ(ポーランド、ティンコフ)
6 シュテファン・デニフル(オーストリア、イアム サイクリング)
7 スティーフェン・クルイシュウィック(オランダ、チーム ロットNL・ユンボ)
8 リゴベルト・ウラン(コロンビア、キャノンデール プロサイクリングチーム)
9 マッテーオ・モンタグーティ(イタリア、アージェードゥーゼール ラモンディアル)
10 ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、アージェードゥーゼール ラモンディアル)
129 山本元喜(日本、NIPPO・ヴィーニファンティーニ) +32分43秒

個人総合(マリアローザ)
1 アンドレイ・アマドール(コスタリカ、モビスター チーム) 54時間05分50秒
2 ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、エティックス・クイックステップ) +26秒
3 ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、アスタナ プロチーム) +41秒
4 アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター チーム) +43秒
5 スティーフェン・クルイシュウィック(オランダ、チーム ロットNL・ユンボ)
6 ラファウ・マイカ(ポーランド、ティンコフ) +1分37秒
7 イルヌール・ザカリン(ロシア、チーム カチューシャ) +2分01秒
8 ヨアンエステバン・チャベス(コロンビア、オリカ・グリーンエッジ) +2分19秒
9 リゴベルト・ウラン(コロンビア、キャノンデール プロサイクリングチーム) +2分48秒
10 ヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ プロチーム) +3分15秒
169 山本元喜(日本、NIPPO・ヴィーニファンティーニ) +2時間28分30秒

ポイント賞(マリアロッサ)
1 ジャコモ・ニッツォーロ(イタリア、トレック・セガフレード) 138pts
2 アルノー・デマール(フランス、エフデジ) 119pts
3 ディエーゴ・ウリッシ(イタリア、ランプレ・メリダ) 104pts

山岳賞(マリアアッズーラ)
1 ダミアーノ・クネゴ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ) 91pts
2 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、モビスター チーム) 61pts
3 シュテファン・デニフル(オーストリア、イアム サイクリング) 54pts

新人賞(マリアビアンカ)
1 ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、エティックス・クイックステップ) 54時間06分16秒
2 ダヴィデ・フォルモロ(イタリア、キャノンデール プロサイクリングチーム) +5分49秒
3 セバスティアン・エナオ(コロンビア、チーム スカイ) +13分31秒

チーム総合
1 モビスター チーム 162時間20分45秒
2 アスタナ プロチーム +7分16秒
3 キャノンデール プロサイクリングチーム +11分52秒

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー ジロ・デ・イタリア2016 ジロ2016・レース詳報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載