女子は伊藤杏菜が逃げ切り優勝弱虫ペダル・岡篤志とシルベスト・松木健治がJBCF鴨川クリテE1でスプリント勝利

  • 一覧

 全日本実業団競技連盟(JBCF)が主催する「第1回JBCFブルークリテリウムin鴨川」が5月15日、千葉県鴨川市で開催された。ロードレース国内シリーズのアマチュアカテゴリー「Jエリートツアー」E1クラスタは48人ずつの2組に分けて争われ、岡篤志(弱虫ペダルサイクリングチーム)と松木健治(クラブシルベスト)がスプリント勝利。女子の「Jフェミニンツアー」は伊藤杏菜(Live GARDEN BICI STELLE)が逃げ切り優勝を飾った。(JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟)

E1の1組は岡篤志(弱虫ペダルサイクリングチーム)が前日のタイムトライアルに続いて勝利 Photo: JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟E1の1組は岡篤志(弱虫ペダルサイクリングチーム)が前日のタイムトライアルに続いて勝利 Photo: JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

E1の2組はリーダージャージの松木健治(クラブシルベスト)が優勝 Photo: JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟E1の2組はリーダージャージの松木健治(クラブシルベスト)が優勝 Photo: JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

 初開催のブルークリテリウムin鴨川の舞台は、鴨川市総合運動施設に設けられた1.3kmの周回コース。Jエリートツアー最上位のE1クラスタの1組目は、前日に同じ会場で開かれた「第1回JBCFブルータイムトライアルin鴨川」で圧勝した岡が盤石のスプリントで勝利。2組目は終始集団で進み、スプリント勝負を前日のTT2位の松木が制した。

 女子のFクラスタはラスト2周から独走を開始した伊藤が逃げ切り、移籍後初の優勝を果たした。前日のTT2位でリーダージャージを着用する唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)は、追撃したが1秒届かず2位に終わった。

伊藤杏菜(Live GARDEN BICI STELLE)が逃げ切り勝利 Photo: JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟伊藤杏菜(Live GARDEN BICI STELLE)が逃げ切り勝利 Photo: JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟
F表彰。Jフェミニンツアーリーダーは唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)のまま Photo: JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟F表彰。Jフェミニンツアーリーダーは唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)のまま Photo: JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

 開催地の鴨川市をはじめとする千葉県内の3市1町は、2020年東京オリンピック・パラリンピック各種競技やその事前キャンプ地の誘致を県とともに行っている。とりわけ自転車ロードレースについてはアクセスと環境の良さからトレーニング拠点の誘致に乗り出しており、今後も各種レースの開催を計画している。

E2の1組は飯田千暁(横浜高校自転車競技部)が優勝 Photo: JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟E2の1組は飯田千暁(横浜高校自転車競技部)が優勝 Photo: JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟
E2の2組は城所祐太(竹芝サイクルレーシング)が優勝 Photo: JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟E2の2組は城所祐太(竹芝サイクルレーシング)が優勝 Photo: JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

■E1 1組結果(37.7km)
1 岡篤志(弱虫ペダルサイクリングチーム)51分31秒
2 渡邉正光(LinkTOHOKU)
3 吉田勝雅(サイタマサイクルプロジェクト)
4 嶌田義明(TEAM YOU CAN)+01秒
5 山田大介(スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ)
6 半澤雄高(LinkTOHOKU)

■E1 2組結果(37.7km)
1 松木健治(クラブシルベスト)51分37秒
2 所司純一(モジュマ エリアゼロナナゴ)
3 菊池悠介(湘南ベルマーレサイクル)
4 福田圭晃(横浜高校自転車競技部)
5 岩崎晶雲(LinkTOHOKU)
6 遠藤健太(チームフィンズ)

■Jエリートツアーリーダー
松木健治(クラブシルベスト)

■Fクラスタ(29.9km)
1位 伊藤杏菜(Live GARDEN BICI STELLE)46分58秒
2位 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)
3位 針谷千紗子(Live GARDEN BICI STELLE)

■Jフェミニンツアーリーダー
唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

JPT2016・Jエリートツアー Jプロツアー Jプロツアー2016

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載